東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2009年9月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『日本美術そうだったのか通信』Vol.191 朝顔は秋の花??

発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・孤高の天才洋画家 ?梅原龍三郎? ・朝顔は秋の花?? 絵画から読み取る季節 ・ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品?…今週はお休みです ■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ご挨拶□■□■□■□■□■□■  シルバーウィークを利用して岩手に行って来ました。鶯宿(おうしゅく)温泉と いういい感じにひなびた観光地へと向かう道すがら、車を降りてしばし自然を満 喫。最近、秋カタログ掲載用の作品に触れていた私は、気付けば「これはあの絵 にあった花かしら」「この植物も秋のものなんだ」と、すっかり画廊モードへと 頭が切り替わっていました。新たな知識を得ると、これまでの景色もなんだか違 って見えるものですね。 そんなわけで、今回も皆様の日常を豊かに彩るすてきな情報をお届けしたいと思 っています。おたのしみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ □■□ 孤高の天才洋画家 ?梅原龍三郎? ■□■□  情熱が才能を支えているのか、才能あるがゆえの情熱なのか、著名な作家の人生 というものは、大抵が驚くべきバイタリティに満ちています。日本の洋画史上に 圧倒的な存在感をもって君臨する彼の生涯もまた、粛々とした情熱にあふれてい ました。 梅原龍三郎は、明治21年に京都で染呉服業を営む家の末っ子として生まれまし た。土地柄もあり、絵を学ぶ環境に恵まれた彼は洋画の基礎を身につけると41 年に渡欧、到着早々かの有名な印象派の画家・ルノワールの絵に感銘を受け、実 際に彼の下を訪れます。この時ルノワールから受けた指導は、後の梅原の画風を 方向付ける始点となりました。 ちなみにこの留学期間中、梅原はピカソとも知り合いアトリエを訪れています。彼の 立っていた舞台が、いかに当時の日本人離れしていたのかお分かりですよね。 帰国後、彼は数々の作品を発表し、その長い道のりの中で独自の画風を確立して いきました。年代によってその筆致はさまざまですが、その多くがおおらかで色 彩に富み、観る者の心を豊かにする不思議な力を持っています。富士山や浅間山 など、日本を象徴する風景にも積極的に取り組んだ彼は、ルノワールの精神を受 け継ぎながらも「日本の洋画」の魅力を確実に向上させ、98才でその生涯を終 えました。 今回最新カタログからご紹介するのは、梅原龍三郎黎明期の作とされるカタログNo. 43「来の宮」。1937年に同名の作品が発表されていますが、本作はそのス ケッチのようで、鉛筆と水彩絵の具で描かれています。当時熱海に別荘を借りて いた梅原が、眼下に広がる絶景をさらさらと器用な左手で写しとっていく姿が目 に浮かぶよう。   カタログ会員申込み または 今号のみ請求の窓口は↓まで。 https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/mpmailec/form.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ 朝顔は秋の花?? ■□■  先日、新しく入荷した絵画を箱から出す時のこと。「秋暁」と名付けられたその 作品を取り出してみると、キャンバス一面に小ぶりの朝顔が咲き乱れていました。 はてさて、朝顔といえば、夏休みに観察日記をつけた花のはず。どうして秋をテー マにした絵にこの花が描かれているのでしょう? 実は朝顔というのは秋の季語なのだそうです。季語というのは旧暦に基づいて作 られているため「西瓜」や「盆踊り」なども秋の季語。オクラに大豆、ゴマにと うがらしなど、ほかにも調べ出すと美味しそうな季語が秋にはたくさん並んでい て、つい食材をえらぶような気持ちで資料に読み入ってしまいました。 とはいえ、季語はあくまで俳句に詠むために作られた言葉。作者の方がいつごろ、 どんな気持ちでその絵を描いたのか、本当のところはわかりません。冒頭でも触 れましたが、岩手では秋風にたなびくコスモスのとなりで、朝顔が立派な花を咲 かせる光景を目にしました。 私たちの脳裏に焼き付いている真夏の日射しと朝顔の組み合わせは、たとえばビー ルと一緒に出される枝豆みたいに、ひとつの固定された「夏」のイメージとして 頭に焼き付いているだけなのかもしれません。 秋華洞所蔵の掛軸。季節に合わせて床の間を彩ってみてください。 http://www.syukado.jp/jp/search/item/type/kake.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただきありがとうございました。 秋華洞新人メルマガ編集担当、林久美子がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でも…と思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「クレドオークション」美術品のオンラインオークション http://www.credo-auction.jp/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2009年9月27日 11:35