東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2009年8月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『日本美術そうだったのか通信』Vol.186 カタログ20号完成!

発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・カタログ20号、完成しました! ・ロマンふくらむ落款のはなし ・ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品? ■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ご挨拶□■□■□■□■□■□■  どんよりと夏らしくない空模様だったかと思えば、突如激しい雨が降りだ したりと不安定なテンキがつづいていますね。皆さま体調など崩されていな いでしょうか?? さて、前回の発行からずいぶん時間が空いてしまいました。メルマガを楽し みにしてくださっている方、ごめんなさい!そしてお待たせいたしました! 今回は記念すべきカタログ第20号のお知らせや、新着作品のご紹介などなど これまでのブランクを取り戻すべく、どんどんお伝えしていきますよ?。お たのしみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ □■□カタログ20号、完成しました!■□■□■□■□■□■□  4年前に創刊し、皆さまの声援に支えられて成長を続けてきた秋華洞のカタ ログ。第20号という区切りをむかえた今回は、収録点数が80をこえる大ボリ ュームとなりました! その中から作品番号9番、池大雅「扇面山水」をご紹介。 日本文人画の代 表格である池大雅は、1723年に京都で生まれました。幼いころから常人ばな れした書の才能を発揮していた彼は、弱冠15才で扇に絵を描き生計を立てて いたそうです。なんともたくましい。ちなみに妻の玉瀾(ぎょくらん)も有 名な文人画家。ふたりで芸を競い合っていたのかもしれませんね。 中国の南宋画をベースに、独自の手法をとりいれて描かれた大雅の山水画は、 その自由かつおおらかな筆致で人々に広く親しまれていました。扇はそれ自 体が装飾品でありながら、ハラリと開けば絵画まで楽しむことができるとあ って、当時の文化人には大評判。風光明媚な大雅の画を眺めながらゆったり と扇をうごかし涼風を味わう人々の様子は、想像しただけでこちらまで優雅 な気持ちにさせられます。 今回カタログに掲載しているのは、池大雅40代の作品とされる1品。墨の濃 淡でたくみに遠近をあやつる彼の妙技に息をのむ一方、どこかホッとする樹 木のたたずまいが時を越えて大雅の人間性を伝えてくれます。 カタログ会員申込み または 今号のみ請求の窓口は↓まで。 https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/mpmailec/form.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ロマンふくらむ落款のはなし ■□■□■□■□■□■  私事ですが、つい最近秋華洞の一員になった私にとって、画廊での毎日はおど ろきと学びの連続です。その未熟さゆえ、この業界がながい方にとって取るに足 らないささいなこともいちいち気になってしまう。。。先日も六曲一双式の屏風 (ペアでひと組の屏風)を見ていた先輩社員が「これは右隻(右側)」「これは 左隻(左側)」と瞬時に見分けるのを目の当たりにし、「なんでわかるんだろう」 と不思議になりました。 答えは落款の位置。右隻の屏風の落款は右下に、左隻の落款は左下にあるん だそうです。こうやって書くと「そんなの当たり前じゃん!」という声が聞 こえてきそうですが、なかなかどうして、これが奥が深い。 例えば上の法則は掛軸にもあてはまり対幅(2体ひと組の掛軸)であれば絵の外 側に落款が入る、といった具合。じゃあ三幅対(3体ひと組の掛軸)はどうなる のか?これも両側の掛軸は対幅と同様、外側に落款が入ります。面白いのは中央 の軸。これには描かれている人物や花鳥の背中側に落款がくることが多いのだそ うです。 ちいさな落款ひとつからも、さまざまなことが分かるんですね。 ☆オススメ☆ 鮮明な写真で落款の細部までじっくり堪能できます ↓ 美のある暮らしを提案するカタログ「画廊生活」 http://www.garo-seikatsu.jp/ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品?■□■□■□■□■□■ □ 斉藤清 『MAIKO KYOTO (K)』 モダンな舞妓さん。背景を二分する砂壁と障子の潔さにグッときます。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/han/A09-0261.html □ 加藤晨明 『舞妓』 こちらは正統派の舞妓さん。着物と同じ色に染まった桃色の頬が印象的。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/jpn/A09-0274.html □ 須田剋太 『阿羅漢』 剋太晩年の作。「グワッシュ」という画材で描かれたパワフルな一品です。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/yo/A09-0213.html もっと見たいかたはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ http://www.syukado.jp(日本語) http://www.japanese-finearts.com/(English) □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただきありがとうございました。 秋華洞新人メルマガ編集担当、林久美子がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でも…と思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「クレドオークション」美術品のオンラインオークション http://www.credo-auction.jp/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2009年8月20日 17:28