東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2008年7月 2日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.159 モスクワ アートフェア

□■『日本美術そうだったのか通信』Vol.159 モスクワ アートフェア ■□ 発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・カタログ14 ・ネットで愉しむ秋華洞 ?今週アップ? ■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ご挨拶 ■□■  展覧会、銀座夜会も終わり、ホッと一息ついた秋華洞です。 そんな事もあり、モスクワアートフェアに行ってまいりました。 一言で言うと、”セレブゥ?”なアートフェアでしたね。 一階が絵画、彫刻等の美術品ブース、地下がジュエリーという構成で、 なんとういか、モーターショーで見かけるような、美しいお姉さま方が 入場では迎えて下さる辺りから、なんだか”セレブゥ?”でした。 各国のトップギャラリーが出展していましたが、どこの出品作品も 簡単に言うと「たっ・・・・・高そう・・・。」 イギリスのプリンセスやら、どこかの共和国のプリンセスやら、 そりゃ?ちょっと、日本では味わうことが出来ないアートフェアでした。 次号ではもう少し詳しくご報告したいと思います。 社長ブログでもアップされてます。 こちら→http://blog.livedoor.jp/syukado/ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ カタログ14  ■□■  まず、前号の訂正…森寛斎は、森一鳳の養子ではなく、一鳳と同じく森徹山 の養子です。すなわち一鳳と寛斎は兄弟弟子。謹んで誤りを訂正させていた だきます。  さてさて、“猿描き狙仙”に始まる森派は、円山応挙門下の徹山(1775?1841) が継ぎ、そして一鳳(1798?1871)と寛斎(1814?1894)に分かれていきます。  森寛斎はもとは長州・萩藩士の子で、画家ながら幕末維新の中で倒幕運動に 奔走した経歴があります。明治以降、帝室技芸員に任ぜられ、名実共に画家 として最高の地位を獲得しました。というわけで、戦前は“勤皇画家”と語 られ、政治性の点でも非常に高い評価を得ていました。   一鳳が、大坂画壇らしい平明さをもつ画風を形成したのに対し、寛斎はいわ ば逆の方向性を目指したのだと思います。それは、文人画に見られるような 枯筆の線、墨線の力強さを強化したというか、そんな感じ。寛斎の画風は、 “写実性”を求める円山四条派・森派の直系というより、この時代ならむし ろ田崎草雲のような、文人画方面の画家に親近性を感じます。この線の力強 さが、野村文挙や山元春挙に引き継がれ、昭和に至っていくのです。   弊社カタログ14号に掲載した「秋山双鹿図」は、寛斎の目指した画風をよく 示すものとして、自信を持ってご紹介したい作品です。描き込みはかなりの もの。力の籠もった山水図です。しかし、その中でたたずむ鹿の毛描きは、 繊細な写実性を見せ、動物画を得意とした森派の影響を示すものです。  是非とも、現物をご確認にいらしてください。細部まで破綻なく、ホロホ ロとわななくような墨の線は、かなりカッチョいいですよ! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ ネットで愉しむ秋華洞 ?今週のアップ作品? ■□■ □木島桜谷 『毒湛匝三賛 白衣観音図』 気負わない筆遣いの岩の上に佇むその姿は、穏やかで安堵に満ちた観音図。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/KONOSHIMA_OKOKU/A08-0012-02.html □ 堅山南風  『 百日草 』 滋味深い色彩と線で描かれ、哀愁を漂わせる作品。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/KATAYAMA_NANPU/A08-0157.html □ 菊池容斎 『 赤壁図 』 大きく鶴が描かれた大幅のめでた掛けです。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/KIKUCHI_YOSAI/A08-0118.html □ 寺島紫明 『 舞妓』 さわやかさと、女の「生々しさ」を見事に絵の中に表現する本作。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/TERASHIMA_SHIMEI/A08-0194.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただき有難うございました。 秋華洞メルマガ編集担当、桑田郁子がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でもと思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「秋華洞・スタッフログ」ほぼ毎日更新中! http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2008年7月 2日 15:04