東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2008年5月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.158 カタログ14完成!

□■『日本美術そうだったのか通信』Vol.158 カタログ14完成! ■□ 発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・カタログ14 ・プレゼントキャンペーン ・ネットで愉しむ秋華洞 ■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ご挨拶 ■□■ いつもの秋華洞とは一味違う雰囲気で幕を開けた斉藤真一展。 連日多くのお客様にお越しいただいて、私達も嬉しい限りでございます。 遠くから、この展覧会の為に足を運んでくださった方もいらっしゃり、 私達も大変励みになります。 あと数日開催しております。そして明日は銀座夜会の日です。 ワインやチーズなど用意して、皆様をお待ちしております。 いつもは画廊に足を運べない方もこの機会に、妖しげな秋華洞に 足を踏み入れては・・・。 銀座夜会はこちら→→http://www.ginza-galleries.com/ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ カタログ14  ■□■  今回のカタログでは、「森」という名前の人の作品が3つ続きます。 森徹山(1775?1841)、森一鳳(1798?1871)、森寛斎(1814?1894)の3名です。 森狙仙(1747?1821)をはじめとする“森派”は、その緻密な描写力による動物 の絵で、江戸後期の大阪を中心に人気を博し一派を成します。  狙仙は写実的な毛描きの猿の絵を得意とし、はじめ“祖仙”であったのが、 猿を意味する“狙”に字を改めたのも、彼の猿画の人気を物語るものでしょ う。  ついで徹山は円山応挙の高弟であり、狙仙の養子となった画家(実は狙仙の 兄・周峯の子です)。その養子が一鳳、そしてその養子が、明治以降近代の 画家に絶大な影響を与えた森寛斎です。  今では「写実」という言葉は当たり前のように使われておりますが、日本に はもともと写実の概念はないといっても過言ではありません。よく、円山応 挙を評して、「写実」画法を大成したと言いますが、これもやはり、概念的 なものでしかない。動物の骨格を研究した、デッサンに基づくデフォルメの ないリアルな絵、この誕生は、近代を俟たねばならぬのです。  しかし、応挙および円山四条派の技法が、なぜそんなに写実写実と言われる ようになったかといったら、それはこの「猿描き狙仙」を始めとする“森派” の存在があったからではないか、というような気がします。    もちろん、それまでの南蘋派の影響などもあるとは思いますが、一般レベル で、“本物そっくりで、まるで生きているよう!”というのが有名になった のは、大坂における「狙仙の猿」の人気が、歴史上最初のケースなのではな いかと思います。ちなみに狙仙の猿は、現在でも贋物がかなりの量存在しま す。それほど名高かったのです。  そこに、応挙の高弟であった徹山が養子に入ることで、森派=写実のイメー ジのみならず、応挙=写実のイメージも補完することになったのではないか と考えるのです。   しかし、徹山は応挙の、写実ではない側面を画風に取り入れていったようで す。それは、複雑な形をコンパクトに、すっきりした線に纏め上げるという、 およそ写実と対照的な方法。四条派の祖である呉春、および与謝蕪村のやり 方に近いものです。  そして、精緻な毛描きも、すっきりした造形も、いずれも「分かりやすさ」 に結実して大阪で喜ばれるようになります。その大阪画壇の明快な雰囲気を 象徴するのが、森一鳳の存在です。一鳳の「藻刈り船図」の絵が、「藻を刈 る一鳳」すなわち「儲かる一方」というダジャレで、大阪の商人たちに喜ば れたというエピソードは有名です。  森派の存在は、絵が鑑賞者にとって決して崇高なものではない、近しいもの だった頃の雰囲気を象徴すると思います。  日本美術における“写実”の概念は、そうした鑑賞者間の“ノリ”的な雰囲 気の中から形成された、と言えるのかもしれません。さて近代の大家・森寛 斎は、この路線をどうしたのでしょうか。それは次号。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ プレゼントキャンペーン  ■□■ 東京都現代美術館で4月29日から開催される、『大岩オスカール 夢みる世界』 プレゼントキャンペーンにたくさんのご応募ありがとうございました。 当選者の発表はこちら →http://www.syukado.jp/jp/support/present/mpmail/form.html これからもプレゼントキャンペーンを定期的に行う予定ですので、今回当選 しなかった方も、あきらめずに次回のチャンスを楽しみにして下さいね。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ ネットで愉しむ秋華洞 ?今週のアップ作品? ■□■ □ 川辺御楯 「岩佐又兵衛模鏡美人図」 ウェーブがかった、髪を下ろした美人の妖しげな美しさ、表装がさらに妖し さを引き立てています。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/KAWABE_MITATE/A08-0019.html □ 渡辺小華 「草花図」 何を見ても無感動だった外国人のお客様。この作品を広げたときは、思わず「ビューティフル!」 草花にしっかりとした骨子を与え、繊細さの中にも安定感を感じる作品です。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/WATANABE_SHOKA/A07-0633.html □ 森寛斎 「秋山双鹿図」 今回のメルマガでも取り上げました森寛斎。晩年、78歳の一作は、枯淡の味わい深い力作。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/MORI_KANSAI/A08-0097.html □ 中島清之 「観音」 女性的に描かれた観音像は、なんとも柔らかで慈愛に満ちています。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/NAKAJIMA_KIYOSHI/A08-0098.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただき有難うございました。 秋華洞メルマガ編集担当、桑田郁子がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でもと思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「秋華洞・スタッフログ」ほぼ毎日更新中! http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2008年5月29日 15:41