東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2008年5月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.156 億万長者にも慣れた!?

□■『日本美術そうだったのか通信』Vol.156 億万長者にも慣れた!? ■□ 発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・プレゼントキャンペーン ・展覧会千本ノック?12本目? ・ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品? ■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ご挨拶 ■□■ 英語サイトを始めて早半年が過ぎようとしています。 丁寧に挨拶文を下さる方、何が何でも欲しいので慣れないインターネットを屈指 して送金してくださる年配の方、時差に切れる方、色々なタイプの方がいらっし ゃいますが、どんなお客様の対応にも随分慣れ、あまり怖いものはなくなりまし た。ははは! ほとんどがアメリカかヨーロッパのお客様になりますが、世界中から飛んでくる メールを見ると、改めてインターネットの凄さを感じています。ネットを通じる と世界って狭いの一言です。 ドルが安くなると、とたんにヨーロッパのお客様(ユーロ有利になるので)が増 えたりと、世界経済の一部を肌で感じたりもしています。 また英語サイトの甲斐あってか、ギャラリーに来る外国人のお客様の増えたこと。 嬉しい限りです。スタッフも最初は「外人・・!?ガイジン!?」とあたふたし ていましたが、最近は慣れたものです。 面白いのが、○△×という国から来店されるお客様って皆、億万長者なんですけ ど、普通の方は日本に来ないのでしょうか? そんなわけで、秋華洞スタッフ、今は外人にも慣れたどころか、億万長者にもすっ かり慣れました。 そんなギャラリーに一度も足を運んだことのない方は、銀座夜会をお見逃しなく。 もうすぐですよ。 銀座夜会はこちら →http://www.ginza-galleries.com/ 斎藤真一展もお見逃し無く 5月26日(月)?5月31日(土)までです。 →http://www.syukado.jp/jp/gallery/2008saito_shinichi.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■プレゼントキャンペーン■□■ プレゼントキャンペーンにご応募下さった皆様 誠にありがとうございます。キャンペーン期間締め切り 間近ですので、まだの方は是非ご応募下さい。 応募はこちら→http://www.syukado.jp/jp/support/present/mpmail/form.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ 展覧会千本ノック12本目 ■□■ 展覧会千本ノック 「生誕百年 東山魁夷展」から考える、日本画の刷新 東京国立近代美術館 5月18日まで! http://higashiyama-kaii.com/index.html  また、今週末で終わってしまうような展覧会の紹介でごめんなさい・・・しかし、 今度の東山魁夷展は、見逃すのはもったいない。とにかく出品作品が凄い凄い。  絵の値段は、たとえば同じ作家でも、特定の画題のみ飛び抜けて高い、という ようなことがままあります。その点で、20世紀の日本画家の中で東山魁夷は、画 題によらず最も安定した市場価値を保っていると考えられます。   その秘密が、今回の展覧会を見てわかる気がしました。だって、全作品、驚く べきクオリティ!!「デッサン」というものですら、本画としか思えないほどの、 しっかり着色された作品です。水墨の作品も、日常的にちょろちょろっと描く、 文人画の営みを否定していると思えるくらい、着色作品と同等のクオリティで取 り組みます。   余白とか、画面において手を加えない部分というものを排除するのです。要す るに、東山の頭の中では、絵のクオリティという面は完全に洋画の意識なのだな と改めて感じます。    これこそが、戦後日本画の最も大きな変化です。絵の形態が軸装から額装が主 流になってくると、日本画家たちもそれにあわせ画風を一変させます。それまで、 日本画は伝統的に「画題」の意識だったのです。松なら松の描き方があり、鳥な ら鳥の描き方で、鳥を描けばよかったのです。しかし、額装は「画面」の意識に なります。もちろん、戦前からこの変革は続いていましたが、戦後の変化は劇的 なものがありました。  洋画を学んでいた東山は、当初より「画面」の意識で望みます。最初期作品も 展示されていますが、質感も全て、もう完全に洋画。後ろを振り返らない前進的 な姿勢と圧倒的クオリティで、常に日本画界をリードし続けた東山の画業を体感 できます。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品?■□■ □ 小林古径 「牡丹」 古径の大正末?昭和初期の作品です。誇り高き牡丹とでもいうのか、気品漂って ます。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/KOBAYASHI_KOKEI/A08-0006.html □三畠上龍 「美人三幅対」 左右は、萩と柳の下の夕涼みの美人を描き、中幅は静御前を思わせる白拍子で構 成。長袴の紅色の鮮やかさを見てください。この人らしいでしょ!? http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/MIHATA_JORYU/A08-0085.html □今尾景祥 「老松秋楓群雀図」 老松のごつごつとした幹、細い松葉、枝間に遊ぶ小鳥の羽毛の細密な描写の対比 からは画家の力量が感じさせられる一幅です。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/IMAO_KEISHO/A07-0835.html □北川民次 「蘭と紅団扇」 蘭と紅団扇、濃密な印象の花。鮮やかな色に形を与える強い黒の輪郭線が、静物 画にさえ生き生きとした躍動感を与え、エネルギー溢れる作品です。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/yo_b/KITAGAWA_TAMIJI/A07-0813.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただき有難うございました。 秋華洞メルマガ編集担当、桑田郁子がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でもと思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「秋華洞・スタッフログ」ほぼ毎日更新中! http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2008年5月15日 14:03