東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2008年2月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.149 源氏物語

□■『日本美術そうだったのか通信』Vol.149 源氏物語 ■□ 発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・これが絶品!カタログ13 ・源氏物語 ・ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品? ■□■□■□■□■□■□■ ■□■□■□■□■□■□■ 今年初めてとなる、秋華洞カタログ初春号が完成致しました。 皆様のお手元に届くのは、来週となると思います。ご希望のお客様には無料 にて配布しておりますので、どしどし御請求下さいませ。 最近はおかげさまで、カタログも在庫切れになることが多いので、なるべく 早い御請求をお待ちしております。 ■□■□■□■□■□■□■ ■□■カタログ13■□■  先週は幕末?明治の画家、菊池容斎をご紹介しましたが、今週はその弟子、 渡辺省亭に登場してもらいましょう。 この省亭という人、実はかなり海外で名が知られています。伊藤若冲を思わ せる、華々しい花鳥が、海外の人々を魅了しました。 省亭は明治11年には、日本画家して初めてヨーロッパに留学。明治22年には、 山村美妙の小説「胡蝶」の挿絵で女性の裸体を描き、物議を醸します。これ は、西洋帰りの洋画家・黒田清輝が「朝妝」でヌードを描き、一大論争を巻 き起こすという事件の実に6年前。省亭は西洋の美意識をいち早く日本に導 入した、先駆的画家であったのです。ちなみに俳人・渡辺水巴の父です。 明治初年の殖産興業が盛んな時代、日本は各国の万博で自国の伝統的工芸品 の海外評価に手ごたえを感じ、時には県主導(石川県における九谷焼や、愛 知県、佐賀県など)でどんどん製作・輸出をしました。省亭もまた、起立工 業会社というところで図案描きの仕事をしていました。そこで、工芸品の図 案を描く、という仕事が、新時代にあって低迷していた日本画家たちの、よ い仕事となったのです。 最も喜ばれた画題が、華々しい花鳥画で、西洋の人々も日本人の才能を、花 鳥など繊細な作品に見出していました。人物画は非常に海外にウケが悪かっ たのです。しかし省亭の師、容斎はその人物画で知られています。他の容斎 門下の画家も語っていますが、師が人物で知られる画家だから、求められて いる花鳥を描くには不便で、自分なりに学んでいったということです。 容斎はとにかく型に嵌った流派を嫌い、人物写生を重んじ、その人の自由さ や個性を伸ばす教育をしました。なにかと師風や流派に縛られる、それまで の絵画の意識を脱した教育は、門人の技術と個性を伸ばし、求められた画題 にすんなり対応できる力をつけることとなったといえましょう。 さて、カタログ掲載の省亭の作品は「静歌舞之図」。白拍子として踊る静御 前を描いたものです。これは、先週紹介した容斎の『前賢故実』で描かれた 図様に倣っています。やはり、この『前賢故実』がいかに現在に至るまで影 響力を持っているかが分かります。ためしに、wikipediaで「静御前」を検 索してみてください。同じ図が出てきます。 wikipedia「静御前」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%99%E5%BE%A1%E5%89%8D カタログの本作は着彩の、リアルで美しい作品となっています。花鳥画で知 られた省亭は、師の画風とはおよそかけ離れた感がありますが、本作は、改 めて省亭が容斎門下であったことを認識させる作品です。おそらく、省亭は この『前賢故実』の「静」などを、相当練習したことでしょう。近代の始ま りを告げるような、個性的な存在の省亭も、やはり師に習ったのだなと、改 めて思います。 カタログ請求→https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/index.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ 源氏物語 ■□■  世界最古の長編小説、としばしば言及される「源氏物語」ですが、1008年の 記録に確認できるということで、この年をもって「完成」ということに致し ますと、今年はちょうど1000年目になります。 今年は「1000周年」を記念して、様々なイベント、講演会、シンポジウムな どが予定されております。 主なイベントとしては、 □http://www.2008genji.jp/event/index.html □源氏物語1000年紀委員会 http://www.2008genji.jp/ http://www.2008genji.jp/iinkai/index.html □源氏物語1000年紀事業(京都府) http://www.pref.kyoto.jp/2008genji/ □源氏物語1000年紀事業(京都市) http://www.city.kyoto.jp/sogo/sousei/genji/ □京都府京都文化博物館 http://www.bunpaku.or.jp/exhi_genji.html などなどです。 実質的に日本の支配権を長く握っていたのは、12世紀から19世紀にかけて、 武家政権でしたが、どんなに醜い争いがあろうとも、各政権がけっして犯そ うとしなかったのが「天皇」の権威でした。武家政権が終わり、近代政治が 始まる「明治維新」も、「天皇」の復権を名目として行われましたし、アメ リカへの敗戦で「戦争責任」が問題となった当時の昭和天皇も、結局戦犯と して罰せられることはなく、今も「象徴天皇」制度は続いています。 今月の芸術新潮でも触れておりましたが、源氏物語は紫式部が書いたことに なっていますが、その原本は現在残されていません。それどころか、その原 本の直接の写本も残されていません。そこからさらに写された数多くの写本 から、原本を推測して現在の「源氏物語」のテキストが編まれていますって そのぐらいメルマガ読者の方々はご存知ですよね。 最近オープンした、秋華洞英語サイトで源氏物語にちなんだ作品を紹介して います。 http://www.japanese-finearts.com/item/list2/107006610/ 源氏物語の「もみじのが」「ゆうがお」のストーリーから引用した小さな屏 風です。ちょっとした間仕切りにとても可愛らしいものです。江戸中期に作 成したと考えられています。あなたのお部屋を彩ってみませんか? ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品?■□■ 今週の新着を御紹介します! □ 川合玉堂 『渚之雁』 羽の毛描きを、墨の滲みをリズムよく重ねることで表してしまう点は見事です! http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/KAWAI_GYOKUDO/A08-0065.html □ 朝井閑右衛門 『白雪姫』 にっこり微笑んでいる白雪姫といかにも一癖(?)ありそうな物語の登場人物たち。 エネルギーに満ちた作品です。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/yo_b/ASAI_KAN-EMON/A07-017.html □ 堂本印象 『清秋』 堂本印象独特の潤いある水墨描法を見てください。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/DOMOTO_INSHO/A07-0504.html □ 酒井三良 『朝霞』 無駄な要素は一切無く、一つ一つが鮮やかな手さばきのうちに構成されている作品です。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/SAKAISANRYOU/A07-0541.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただき有難うございました。 秋華洞メルマガ編集担当、桑田郁子がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でもと思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「秋華洞・スタッフログ」ほぼ毎日更新中! http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2008年2月14日 16:40