東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2007年12月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.144 富田渓仙 『月ヶ瀬早春図』

□■『日本美術そうだったのか通信』Vol.144 富田渓仙『月ヶ瀬早春図』■□ 発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・これが絶品!カタログ12 ・展覧会千本ノック?10本目?  ・ネットで愉しむ秋華洞<新着作品> ・お知らせ ■□■□■□■□■□■□■ ■□■ご挨拶■□■  銀座通りを夜歩けば素敵なクリスマスのイルミネーションと忘年会に向かう 人々で今年も残り少なくなったことを感じます。 皆様も師走に向けて忙しくなってきたのではないでしょうか? 秋華洞もおかげさまでカタログ12の注文が毎日ぞくぞく! 特に今回は皆様の注文が早く、作品が重なってしまったお客様には大変申し 訳ない気持ちで一杯です。すべてが1点限りの作品ですので、どうぞお早 いご用命をお待ちしております。 また、すでにご用命下さった皆様、ご連絡下さった皆様、誠にありがとうご ざいました。スタッフ一同心より感謝申し上げます。 まだカタログを見ていない方は是非拝見してみてください。 カタログ請求はこちら→https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/index.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ これが絶品!カタログ12 ■□■ カタログ作品番号8、富田渓仙「月ヶ瀬早春図」について本日御紹介します。  大正から昭和にかけて、「新南画」という動きがありました。西洋の印象派 は、アカデミズムの理論に囚われずそれに背を向け、画家独自の目で世界を 捉えた絵画の運動です。日本においてこの姿勢に当たるものこそ、南画であ る!と、今村紫紅が唱えて以降、爆発的に広がっていったのがこうした新し い南画、「新南画」です。  それまでの日本の絵は何かと「描き方」があり、美術学校なども開設された 近代以降、それは「理論」になっていきます。そうではなく、画家の自由な 目で、日々の悲喜交々を紙に書いていく文人画の営み、この時代に西洋の印 象派という運動にダブってきたのです。私は“画家”じゃない、私は私だ! という意識でしょうか。洋画家が、紙と墨の日本画も嗜み、時にはそちらに 方向転換までしてしまうというのも、こうした動きが背景にあります。  さて弊社カタログ12号で、この「新南画」の好い作が、富田渓仙の「月ヶ瀬 早春図」です。近畿圏の方には馴染み深い、梅の名所の月ヶ瀬を俯瞰的に描 いた本作。  構図は遙かな山水図のようですが、其処此処に見える旅のスケッチ的な風俗 描写が何とも愛らしいです!色調も、早春の冷えた空気の中にほんのり梅が 映えるような、穏やかなトーンでまとめられ、緑のグラデーションの空にぽ っかり浮かべた小さな三日月が、なんともニクイ演出。なんと自由な絵!新 南画に挑んだ画家達は、一人の人間として、絵を描くことの喜びを画面に刻 みつけます。そして、世を見つめる渓仙のまなざしは、とても優しい。 この絵は、是非とも実際に見に来ていただきたいものです。 現在秋華洞で展示中ですので、ご来店お待ちしております。 また、カタログでもご覧になれますよ。 カタログ請求はこちら→https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/index.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ 展覧会千本ノック ■□■ 今週は10本目! 埼玉県立近代美術館 開館25周年記念展「田園賛歌-近代絵画に見る自然と 人間」今週末まで! http://www.momas.jp/3.htm  「この展覧会は、山梨県立美術館秘蔵のミレー《落ち穂拾い、夏》、埼玉県 立近代美術館のモネ《ジヴェルニーの積みわら、夕日》の二つの名作を核と して構想されました。」と、美術館のHPにあるように、印象派絵画と日本 の近代絵画を、「農耕主題」というテーマで展示した展覧会です。埼玉近美 は、冬枯れの美しい北浦和公園にあって、シーズン的にもピッタリ。  会場を入ってすぐに、ミレーの「落ち穂拾い、夏」を中心とする部屋があり、 そこに和田英作による、1903年の白馬会展で話題となった同作の模写も大き く展示されています。西洋の近代絵画と、その影響を強く受けた黎明期の日 本近代絵画という、展覧会の構成のおおもとを提示するものですが、東西の 意識を比較してみるとなかなか面白いものです。   例えば、日本の絵は、ススキや穂は、線で一本一本描きます。しかし、印象 派は“外光”を捉えるわけで、穂の束も、ひとつの物体として、グラデーシ ョンで色の塊で描いている。そうした、文化から来る意識の違いを比べると なかなか面白いものです。日本の洋画家でも、あーこれは明らかに東洋的な 意識だなー!という所を強く感じたのが、久米桂一郎の「秋景」(久米美術 館)です。線描がはっきりしていて、月なら月、地面なら地面というような、 構成要素が非常にハッキリしています。隣にもう一品、久米の風景画がある のですが、こちらは全くの西洋印象派風。線描なしです。  線と言えば、一番メインで取り上げられているミレーの「落ち穂拾い、夏」、 これが意外と同時代の他の作品と違って、衣の輪郭線を描いていたりするの で、新たな発見でした。ほかに見所は、アルフレッド・シスレー「森のはず れ、6月」(サントリーミュージアム天保山)が、とてもいい作品です。薄塗 りの線をサササっと、筆の勢いがノリノリです。他に、村上華岳の「山科春 景」(茨城県立近代美術館)の、なんとも言えない幽玄性は、神秘という他あ りません。凄い作品です。 北浦和公園も綺麗です。ぜひとも足を運んで見て下さい! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品?■□■ 久しぶりにアップしました。 □小野竹喬『秋景帰漁図』 竹内栖鳳に師事した、小野竹喬の作品です。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/ONO_CHIKKYO/A07-0698.html □ 山口蓬春 『椿』 込み入った画面ではないが、花弁の緊密な重なり、蕊の控えめな金彩が装飾 性を生んでおり、マットな色調と単純化された形、構図が明るいモダンを感 じさせる作品です。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/YAMAGUCHI_HOSHUN/A07-0581.html □ 橋本静水 『投網』 全面に広がる網模様に面白さがあり、飛び上がる鯉は鱗のきらめき、ぬめ りまでリアルに描写されています。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/HASHIMOTO_SEISUI/A07-0550.html □清水公照 『喫茶去』。 「喫茶去」とは禅語で、もとは相手を叱咤する言葉であるが、後には「茶で も飲みに来い」との意に解され、日常即仏法の境地を示す語だそうですよ。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/kohitsu/SHIMIZU_KOSHO/A07-0537.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■お知らせ■□■  誠に勝手ながら、弊社は12月29日から来年1月6日まで年末年始休業とさせて いただきます。その間でも、メール、FAXは受け付けますが、お返事は、 原則として1月7日以降になります。 なにとぞ御了承下さいませ。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただき有難うございました。 秋華洞メルマガ編集担当、桑田郁子、中島洋平がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でもと思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「秋華洞・スタッフログ」ほぼ毎日更新中! http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2007年12月14日 12:07