東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2007年10月 4日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.136 屏風初展示

□■ 『日本美術そうだったのか通信』Vol.136 屏風初展示■□ 発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・これが見所!カタログ11! ・展覧会1000本ノック?3本目? ・丁稚ログ ・ネットで愉しむ秋華洞<新着作品> ■□■□■□■□■□■□■ ■□■ご挨拶■□■  ぐぐっと寒くなり、一気に空は秋色をおびてきました。 秋を向かえ、秋華洞は展示を総入れ替えし、新入荷した屏風を初展示してお ります。銀座にお越しの際は、是非遊びに来てくださいませ。 スタッフ一同お待ちしております。 新しい展示はこちらです → http://www.syukado.jp/jp/gallery/ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■これが見所!カタログ11□■□  今回のカタログには、女流画家の作品を何点かご紹介しております。 その内の一点が、生田花朝の『いなり祭り』です。  稲荷祭りは子供のお祭りで、かつてこの日は、子供達が寺子屋に通いだす日 でもあったそうです。  大正?昭和期にかけて活躍した生田花朝は、独特のバランス感覚を持った線描 で「いなり祭り」を描いてます。  子供達が太鼓を叩いて練り歩く姿からは、楽しさやめでたさが伝わってきて、 見ていると太鼓の音が聞こえてきそうな一品です。 今回は、その他にも女流画家の作品をご紹介しております。 まだご覧になってない方は是非ご覧になってみて下さい。 カタログ請求 → https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/index.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■展覧会1000本ノック!?三本目?■□■ 山種美術館にて、川合玉堂展が開催中です。 http://www.yamatane-museum.or.jp/exh_current.html  川合玉堂は弊社でもしばしば取り扱っている作家です。四条派の望月玉泉、 狩野派直系の橋本雅邦という二人に師事し、伝統的な筆法をみっちり身につ けた上で、写実に基づいた新しい日本画の一側面を切り開いた作家です。四 条派が元にあるので、墨線の味を非常に大切にし、なおかつその写実的な空 気感溢れる風景画には、根強いファンの方が多い。近代日本画家としてひと つの理想型を示している一人だと思います。  奥多摩に移り住みアトリエを構え、その近くにあった水車が描きこまれてい る、という風景画の印刷画やポスターが、美術館でよく売られているのを見 かけます。そう、根強いファンの方のツボもそうした風景画、わたしたちの 一般的なイメージも風景画です。展覧会でも多く出展されてります。  その中で一つ異色を放っている絵があります。「虎図」です。意外でしたが、 墨だけの、ものすごく迫力ある虎。体躯の輪郭線をスーッととって、毛描き をせず、太い刷毛で筋肉を描いた感じ。要するに、体がレントゲン写真のよ うに透けていて、そこに筋肉を描く(しかも全て刷毛一筆!)事で、動きを表 現している。大変躍動的です。これもまた、写生を重んじた玉堂ならではの ものでしょう。 江戸時代に、円山応挙などが試した人物写生法は、衣の上から体の線を描い て、衣の中の実際の動きを学ぶという方法でしたが、それに近い気がしまし た。 当時も、玉堂の虎というのは噂を呼んで、結構話題になったのだそう です。誰のものでも、虎図は逸話がくっつことが多いなと、改めて感じまし た。 それがどういう逸話かも含め、秋の千鳥ヶ淵にダッシュして確かめてきてく ださい! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■丁稚ログ □■□  先週『展覧会1000本ノック』でも取り上げた、板橋区立美術館「谷文晁とそ の一門展」ですが、弊社社長の『丁稚ログ』でも取り上げております。弊社 社長の丁稚ログでは、美術業界から政治に至まで、幅広い話題の内容で更新して おります。ご感想もお待ちしております! 丁稚ログはこちら → http://blog.livedoor.jp/syukado/ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■新着情報■□■ 今週のアップ作品です。トップページからも画像が見られる様になりました。 新しくなったトップページも是非ご覧になってくださいませ。 おんらいんぎゃらりい秋華洞 → http://www.syukado.jp/index.html □ 藤井勉 『佳』 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/yo_g/FUJII_TSUTOMU/A07-0496.html □根上富治『紅梅白梅に双鶴』 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/NEAGARI_TOMIJI/A07-0501.html □谷口香キョウ(山喬)『義家越勿未関図』 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/TANIGUCHI_KOKYO/A07-0503.html □河本正 『早春』 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/yo_g/KAWAMOTO_TADASHI/A07-0505.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただき有難うございました。 秋華洞メルマガ編集担当、桑田郁子、中島洋平がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でもと思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「秋華洞・スタッフログ」ほぼ毎日更新中! http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2007年10月 4日 17:17