東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2007年8月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.131 初社員研修旅行

□■□■ 『日本美術そうだったのか通信』Vol.131 初社員研修旅行 発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・お知らせ   ・茶箱広重 ・古美術の名脇役 <タトウ>の巻き ・ネットで愉しむ秋華洞 <新着作品> ■□■□■□■□■□■□■ ■□■御挨拶□■□ 今週、6日?7日と、秋華洞初の社員研修旅行に行ってまいりました。 連日共、快晴の天気に恵まれて、目指すは茨城県五浦。近代日本画の歩みを 知る上で、この「五浦」は重要な土地です。明治39年、岡倉天心指揮の下、 この地で日本画の近代化を目指した美術活動が展開されました。 目の前に広がる海とダイナミックで変化に富んだ五浦の景観を楽しみながら、 岡倉天心のみならず、彼の四人の愛弟子、横山大観、下村観山、菱田春草、 木村武山彼らの偉業を肌で感じる旅でした。 初の社員旅行を終え、秋華洞も夏休み目前ですが、本日も気をゆるめずに内 容盛りだくさんで「そうだったのか通信」をお届けします! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■お知らせ■□■ 誠に勝手ながら、8月12(日)? 17日(金)を夏期休暇とさせていただきま す。メール、FAXは24時間受け付けておりますが、詳しいお返事は20日 以降となりますので御了承下さいませ。尚18日は通常営業しております。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■“茶箱広重”の残したもの□■□  先週の続きですが、広重というビッグな名前を引き継いだ二代広重は「二代 広重」という名を捨て、横浜で輸出用の茶箱の絵を描き、“茶箱広重”とあ だ名されたと言われます。実はこの“茶箱広重”はそれからの浮世絵版画の 歴史に多大な影響を及ぼした、と思われる、数多くの無名の版画下絵絵師の うち、具体的な絵師として名前がわかっている唯一の人物であると思います。  ヨーロッパにおいて、「ジャポニスム」というムーブメントがあり、日本の 浮世絵はヨーロッパの美術に多大な影響を与えた、ということはよく知られ ています。日本ではこれまで紙くず同然と思われていた浮世絵版画が、ヨー ロッパにおいて価格が高騰。浮世絵が高く売れると、横浜の貿易商たちが目 をつけ、全国各地から浮世絵が高値で買い集められ、海外に売られます。こ うした海外流出は、本格的には明治10年を過ぎたころから始まり、現在海外 において著名な浮世絵のコレクションが形成されている背景には、こうした 歴史があります。   ではなぜ、日本ではぞんざいに扱われていた浮世絵が、そこまで海外での熱 狂を生みだしたのでしょうか。“紙くず同然”に扱われていた浮世絵という か「木版画」は、それこそ輸出用のお茶などの詰め物にまで使われていたの ですが、そこが始まりだったのです。  外国人たちは、極彩色の日本の木版画そのものに対して、驚いたのです。 「ジャポニスム」は、主題のみならず、技法や様式にまで及ぶものとして迎 えられました。絵師、彫師、摺師の分業体制によって制作される木版多色刷 りの浮世絵の技術、とくに色彩に、外国人は驚嘆の眼差しをもって接してい ました。  そんな欧米の人々が初めて目にした木版画は、“茶箱広重”や、幾多の無名 絵師が描いていた輸出用商品のパッケージ下絵などではなかったでしょうか。 「茶箱広重」はその名前が残っているだけでも貴重な人物です。その後世界 中に影響を残していった、当時の無名絵師たち、彼らの活動が明かされてい くようになるのはまだまだ先のことでしょう。   こうした明治期以降の木版画の歴史や、外国人と浮世絵との関係などは、研 究がまだまだ始まったばかりの分野です。そして大正期になると、川瀬巴水 や伊藤深水といった人物による「新版画」運動がおこってゆきます。日本の 木版画そのものが、第二次世界大戦にいたるまでに、非常にインターナショ ナルな展開をみせてゆくのです。それは次号、お盆明けにお会いしましょう。 ■□■□■□■□■□■□■ ■□■古美術の名脇役 <畳箱(たとうばこ)>の巻き ■□■    畳箱とは額装の絵画を収めるための箱です。着物などを包む、和紙に柿渋 (かきしぶ)などを塗り、厚手の包み紙「畳紙」(たとうし)の略ですが、 我々美術商の間ではこの箱のことを「タトウ」と呼んでいます。    形は封筒を箱型にしたもので、本体は紙や合板などで出来ており、表面には ビロードなどが貼られていることが一般的です。作りがしっかりしている為、 絵画を運んだり、出し入れする時に非常に便利です。号数の小さい絵画であ れば、封筒から手紙を出すような方式で、箱から絵画を取り出します。号数 が大きい絵画の場合は、タトウを横に倒し、中の絵を引き出す方式で絵を取 り出しますが、絵を引きずりたくない為、号数の大きい絵画の場合は、二人 係で作業をします。 この「タトウ」日本で絵画作品の保管と運搬のために開発されたものだとい われています。こんなところにも、日本人の小さなアイデアというのが生き ているのですね。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■新着情報■□■ 夏の日差しが眩しいですね。今週は6点アップしています。 □ 中村宗広「燐」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/jpn/NAKAMURA_MUNEHIRO/A07-0146.html □ 竹内栖鳳「和暖」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/TAKEUCHI_SEIHO/A07-0252.html □ 伊東深水「美人画」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/han/ITO_SHINSUI/A07-0210.html □ 月岡芳年「美談武者八景」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/han/TSUKIOKA_YOSHITOSHI/A07-0192.html □ 中村善策「武蔵野の梅」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/yo/NAKAMURA_ZENSAKU/A07-0169.html □ 向井潤吉「時雨くる大原」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/yo/MUKAI_JUNKICHI/A07-0172.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただき有難うございました。 秋華洞メルマガ編集担当、桑田郁子、中島洋平がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。    ☆☆秋華洞に感想でもと思ってくださった方はこちらへ☆☆    「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください    https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号は夏休み明けの再来週を予定しております。 どうぞお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「秋華洞・スタッフログ」ほぼ毎日更新中! http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2007年8月10日 11:08