東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2007年7月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.128 お知らせ

□■□■ 『日本美術そうだったのか通信』Vol.128 お知らせ 発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・これが絶品!カタログ10 ・古美術の名脇役 <眞田紐> その2 ・ネットで愉しむ秋華洞 <新着作品> ・買い取り査定 ・夏期休暇のお知らせ ■□■□■□■□■□■□■ ■□■□■□■□■□■□■ カタログ10が完成し、早速多数の御注文を承っております。 今回は一点の作品に集中的に注文が殺到し、お断りしなければならない事も 多く、大変心苦しくもありました。 お問い合わせくださった皆様、誠にありがとうございます。 どの作品もすべて一点ものですので、なるべく早いご用命お待ちしておりま す。 ■□■□■□■□■□■□■ ■□■これが絶品!カタログ10□■□  奥村土牛 「ゆづ」 この作品は、是非実際に見ていただきたい作品です。 あたかも、早く起きた朝に、自宅の庭のゆずを手折って、どれ、ひとつスケッ チしてみよう、というくらいのノリだったのではないかと思うのですが…。  線や構成はものすごく単純。なのに、異様な重厚感のある作品なのです。  小林古径ゆずりの、恐ろしくひんやりとした線に、今村紫紅や速水御舟が追 求したような、セザンヌなどの洋画の色彩感覚に影響を受けた温かみのある 色彩。その二つが、ゆずという単純なモチーフの中で溶け合っている本作は 不思議な存在感を放っています。  奥村土牛は明治22年(1889)に生まれ、平成元年(1990)、なんと101歳で亡く なりました。梶田半古の画塾に入り、塾頭格の小林古径に指導を受けた、と いうのはまさに前田青邨などの戦前?戦後を生きた画家たちの時代と重なる ところですが、平成まで生きたのは土牛ただ一人です。  土牛は、このようなスケッチをよくしたようで、早くから『スケッチそのを りをり』(大正6/1917 朝陽社書店)といった画集を出しています。また俳句 もよくしました。このような、四季の折々を楽しむ趣味人的な生き方が、長 生きの秘訣であったのでしょうか。しかし、この『ゆづ』に見る、軽さの中 に、ズシっとした“厚み”を残す土牛の境地は只ならぬものであると思いま す。単純なように見えて、ものすごく神経を尖らせて描いているのがひしひ しと伝わってきます。悠々自適な生活を好みつつも、全身全霊を込める何か がある。長生きの秘訣は、これなのかもしれません。 カタログ請求はこちら → https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/index.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■古美術の名脇役 <眞田紐> その2の巻き□■□  前回も真田紐を取り上げましたが、あれは「運搬用」としての真田紐。 今回は「美術品の一部」としての真田紐の御紹介です。  美術品の価値とは、必ずしもモノそのものだけでは形成されません。 箱や付属物、添付物なども合わせて、それらが加わった上で相対的に価値が 形成されます。  工芸品を入れる箱などには、たいがい、真田紐が通されていて、蓋の上でそ れを結んで箱を押さえてあります。掛け軸の二重箱などにも、この紐がつい ているものがあります。この真田紐は、あくまで「飾り」です!決して「持 ち手」ではありません。特に古いモノであれば、この箱についた紐が価値を 帯びて、あるかないか、状態の如何によって美術品そのものの価値を左右す ることもあります。 私も入社当時、何気なく、箱ではなく二重箱に付いている真田紐だけを持っ て、棚に作品を置こうとしてしまった時に、「紐だけを絶対持つな!」と怒 られた経験があります。みなさまも、美術品を運ぶ際は必ず紐ではなく、箱 の方を持ってください。ともかく、真田紐は丈夫な運搬用の紐としての信頼 だけでなく、美術品の価値を保証するもののひとつとしても使われるのです。 まさに一種のブランド紐。この“箱の真田紐”に凝るコレクターの方も多い ようですよ。 私などは、このような複合的な価値観を含んだ真田紐というモノ自体、考え れば考えるほど不思議なモノだなぁと思うのです。紐そのものの歴史自体が 生んだ複合性、なのでしょうかね。  ※ちなみに、この眞田紐は眞田紐で本来間違いはないのですが、我々美術業 者の中ではこの紐を眞田紐と呼ぶことはほとんどありません。美術商の中で 「眞田紐」というと、前々回のメルマガでお知らせした運搬用の紐のことを 指します。 ■□■□■□■□■□■ ■□■新着作品■□■   今週もできたての盛夏号から、新着7点アップしました。 □ 日本画からは、美しい軸装、堂本印象「白鷹」をご紹介。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/DOMOTO_INSHO/A07-0249.html またお求めやすい浮世絵の作品も多数ピックアップしています。 □ 先週から引き続き三代 豊国「隅田川渡船之図」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/shoga/SANDAI_TOYOKUNI/A07-207.html □ 月岡芳年「芳年漫画」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/shoga/TSUKIOKA_YOSHITOSHI/A07-191.html □ 小林清親「今戸有明楼之景」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/shoga/KOBAYASHI_KIYOCHIKA/A07-203.html □ 小林清親をもう一点「亀戸梅屋敷」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/shoga/KOBAYASHI_KIYOCHIKA/A07-204.html □ 中沢弘光「三井寺」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/yo_b/NAKAZAWA_HIROMITSU/A07-0186-1.html □ 中沢弘光「舞妓」すやすやとこちらまで眠くなってしまいそう。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/yo_b/NAKAZAWA_HIROMITSU/A07-0186-2.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■買い取り査定■□■ 新たにリニューアルされた「鑑定マニュアル」ですが、メルマガの反響もあ ってか、先週も随分御注文を承りました。 鑑定歴40年の弊社会長の査定について、先週もお伝えしました。重要文化 財も数々扱い、業界でも定評ある弊社会長の元、買い取り査定を行っており ます。 お家にあるお宝を売却されたい方、御連絡お待ちしております。 秋華洞簡易査定フォームはこちら →https://www.aojc.co.jp/buy/buy1.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■夏季休暇のお知らせ■□■ 誠に勝手ながら、8月6(月)・7日(火)は研修旅行にて休業させていただ きます。 研修旅行は岡倉天心や横山大観をはじめとする、日本美術に大きな影響を与 えた作家達、そして日本美術院の跡地を尋ねる旅行を予定しております。 メール、FAXは24時間受け付けておりますが、詳しいお返事は8日以降 となりますので御了承下さいませ。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただき有難うございました。 秋華洞メルマガ編集担当、桑田郁子、中島洋平がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。    ☆☆秋華洞に感想でもと思ってくださった方はこちらへ☆☆    「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください    https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「秋華洞・スタッフログ」ほぼ毎日更新中! http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2007年7月21日 12:24