東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2007年7月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.127完成・カタログ10

□■□■ 『日本美術そうだったのか通信』Vol.127完成・カタログ10 発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・これが絶品!カタログ10 ・鑑定マニュアル ・続・福井鴻亭 ・ネットで愉しむ秋華洞 <新着作品> ・スタッフブログ ■□■□■□■□■□■□■ ■□■□■□■□■□■□■ 皆様こんにちは。 最近、秋華洞メルマガ「そうだったのか通信」 にお電話やメール、さらにはご来店されての コメントを頂くことが多く、皆様の貴重なご意見 に感謝と励ましを頂いております。 今後も応援よろしくお願いいたします。 またご意見・ご感想、どしどしお待ちしております。 ■□■□■□■□■□■□■ ■□■これが絶品!カタログ10□■□  カタログ9を出したばかりですが、なんともうカタログ10明日完成です。 今回自信を持ってお勧めする作品は、谷文晁の「松」三幅対という大変面白 い趣向の作品です。  この作品、三幅すべて同じ位置、同じ松を描き、雪の降る松、雨の降る(滝 に打たれているようなのですが)松、風の吹いている松を描き分けるという 機智的な趣向。これは、三幅それぞれに真体・行体・草体を描き分けて、だ んだんと崩して描いているのです。三幅対では、たまに落款の書体を真・行 ・草に書き分ける事がありますが、同じ画題で三つ、絵そのものを描き分け るというのは、ほとんど例がないでしょう。  文晁という人は、19世紀初頭の文化・文政頃を代表する文化人といってよい でしょう。太田南畝、酒井抱一といつも飲み歩き、「下谷の三幅対」と呼ば れた文晁。付き合う人も超一流。仕事も超一流。門人も多数育てました。し かし、19世紀の江戸画壇の本当の実態というのは、京都画壇ほど分かって はいないのです。文晁は初めは狩野派に学びましたが、琳派、南画、南蘋派、 何でも貪欲に学んでいく姿勢は、江戸画壇の特徴そのもの。京都画壇が伝統 に培われ、流派や家格を重んじる若干保守的な傾向を持っていたの対し、江 戸という都市は頼るべき伝統はない。そこが文晁や北斎といった、マルチす ぎる存在を生み出した土壌の特徴と言えるかもしれません。  文晁は元禄?享保の江戸の画家である英一蝶の影響を強く受けていると思い ます。松の描き方は非常に一蝶のそれに近く、三幅対で真・行・草を書き分 けるというのも、一蝶がよくやっています。一蝶は江戸の画家にとっては、 大先輩なのです。こうして、一人の画家の影響関係を探っていくというのも、 面白いですよ。  カタログ10では、見開きページとして三幅すべてご覧になれるように作成 しています。是非ご覧下さいませ。秋華洞カタログ盛夏号、お楽しみに。 カタログ請求はこちら→https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/index.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■鑑定マニュアル□■□  「あの・・・、谷文晁の作品鑑定をお願いしたいんですが。」書画、絵画 の鑑定査定などをやらせていただいておりますと、様々なお客様からお問い 合わせを頂き、大変ありがたい次第でございます。物故作家から、現存作家 まで、また日本画から洋画、陶芸と様々な作品の真贋を見させていただいて おります。そのうち、1割くらいの頻度で、「これが絶品!カタログ10」 で今回御紹介した「谷文晁」の作品鑑定依頼をいただきます。偽物の多さで は、この作家はダントツといってよいでしょう。鑑定歴40年、弊社会長は、 どんな文晁でも正確に一瞬で見極めます。 「口では説明できない、オ?ラじゃ!」(弊社会長) 会長の書いた「書画・鑑定マニュアル」第一章でも谷文晁の真贋について詳 しくふれています。オ?ラの内容を知りたい方は、是非御注文下さいませ。 鑑定マニュアル請求 → https://www.syukado.jp/jp/support/kantei/index.cgi ■□■□■□■□■□■ ■□■続・福井鴻亭■□■    前回メルマガで御紹介した「福井鴻亭」ですが、この「赤壁図」完成後、江 亭は中国に旅行し、晩年は千葉の市原の山奥で隠棲してしまいます。こうし て、同じように“引っ込んでしまった”画家として、弊社のカタログvol.9 に挙げた石井林響(No8、21ページ)がいます。この人も相当な天才だった ようですが、若くして引っ込んでしまい、その名を知る人は今ではかなり少 ないでしょう。大正?昭和初期というのは、いろんな人がいます。その後戦 争に突っ込んでいく日本の風潮を、それぞれがそれぞれに感じたのでしょう。 ともかく、こうして世俗を離れてしまった作家に、今もっと光が当たるべき 時代が来ているのかもしれません。だって、相当凄かった人たちばかりなん ですから・・・。秋華洞が揃えた、隠れた名品をお手元に如何ですか。 福井江亭「赤壁図」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/FUKUI_KOTEI/A07-0135.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■新着作品■□■ 今週は最新カタログ10から数点アップしています。 □山口蓬春「海宝」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/YAMAGUCHI_HOSHUN/A07-0253.html □今尾景祥「松桜花小禽図」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/IMAO_KEISHO/A07-0182.html また、カタログ10の浮世絵から多数 □三代 豊国「役者絵」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/shoga/SANDAI_TOYOKUNI/A07-208.html □月岡芳年「月百姿」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/shoga/TSUKIOKA_YOSHITOSHI/A07-0189.html □芳年の同タイトル「月百姿」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/shoga/TSUKIOKA_YOSHITOSHI/A07-0190.html またカタログ9の目玉商品からもアップ! □東海道五十三対「国芳・広重・豊国」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/shoga/UTAGAWA_KUNIYOSHI/A07-0127.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■■□■ ねむの木学園の展覧会、庭園美術館、その他展覧会の感想等々、最近秋華洞 スタッフブログは充実しております。スタッフの個性を感じることができる ブログですので、是非お楽しみ下さい。 スタッフブログはこちら→http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/?blog_id=1417202 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただき有難うございました。 秋華洞メルマガ編集担当、桑田郁子、中島洋平がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。    ☆☆秋華洞に感想でもと思ってくださった方はこちらへ☆☆    「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください    https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「秋華洞・スタッフログ」ほぼ毎日更新中! http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2007年7月13日 11:53