東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2007年6月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.124 できました!

□■□■ 『日本美術そうだったのか通信』Vol.124 できました! 発行 株式会社 秋華洞http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・これが絶品!カタログ9 ・ワンポイント・木版浮世絵 ・ネットで愉しむ秋華洞 <新着作品> ・お知らせ ■□■□■□■□■□■□■ ■□■ご挨拶□■□■ 「カタログ納品に上がりました?。」 ありがとうございます! この日を待っておりました。 カタログVOL.9とうとう完成です。 ■□■□■□■□■□ ■□■□■□これが絶品!カタログ9■□■□■□ 今回のカタログでは歌川国芳、歌川広重、歌川豊国(3代豊国)という当時の 人気絵師3名の豪華共作!!「東海道五十三対」の55枚セットをご紹介して おります。広重の「東海道五十三対」は人々の旅情を誘い、当時大流行しま した。その人気を受け、様々な「五十三対」シリーズが出版されました。 広重は風景画で人気を得ましたが、今度は役者絵・美人絵でその土地にちな んだ物語を一枚ずつ描いている趣向です。海坊主が登場したりと、旅にはド ラマが必要。当時の旅行ブームに大いに火を付けた事でしょうね。 さらに、今回のカタログでは55枚を全部お披露目しています。 工夫に工夫を重ねて、三人の作家の作品比較、さらに地域名入り、解説付き と秋華洞ならではのサービス満載。旅情溢れる仕上がりとなっております。 カタログだけではなく、55枚の本物はまさに絶品!! 是非見てみたいという方は、次号カタログ御請求お待ちしております。 ご請求はこちら →https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/index.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■□■ワンポイント・木版浮世絵□■□■□■□ 最近勢い良く浮世絵を仕入れている弊社社長。 秋華洞内では、浮世絵を目にすることが多くなりました。 絵は好きだけど、浮世絵版画の見方ってちょっとわからないな?って方の為 に今回は木版浮世絵鑑賞のワンポイントアドバイス。 1)線のシャープ 2)色の透明度 この二点が浮世絵版画の決めてです。 眼に飛び込んでくるような鋭さ!それこそが浮世絵版画の持ち味です。 それぞれの線が、切れ味良く彫られているものが、しっかりと版画として摺 られるものです。しかし木を彫って版画にするわけですから、摺りを重ねれ ば線や面の切れ味が鈍くなるのは当たり前。線、落款、タイトル、彫刻刀で 彫った線がいかにシャープかが決めてです。 次に、色の透明度に注目して下さい。木版画の場合は、だんだんと板が汚れ て色が濃くべったりした感じになるので、色に関しては初めの頃に摺られた ものほど、淡く透明感があります。色彩に透明感があるかどうかを見極める 事が大変重要なもう一つのポイントです。 浮世絵版画では、絵師の発想や指示が忠実に反映される初版初摺りというも のが極品といわれています。絵師は輪郭線を描いた下絵を提供するだけで、 それを彫師が彫り、摺り師が摺るという分業です。 広重などの版画を見ていると、彫師が楽しそうに仕事をしていたことが伝 わってきます。北斎などは、彫り師や摺り師に細かい注文をつけていたと言 われ、どちらかというと、絵師の力量だけが直接問われることになる肉筆画 を好んで制作したそうです。 絵師だけではなく、彫師、摺り師、と三人がどんな気持ちで作品を仕上げた か一枚で三人分の楽しみですね! これを機会にあなたの日常に浮世絵の楽しさを追加してみては!? おんらいん秋華洞 → http://www.syukado.jp/index.html ■□■□■お知らせ□■□■□■□■□■□ 鑑定マニュアル御請求、ありがとうございます。 只今増刷をかけておりますが、来週には出来上がる予定です。 表紙も新しくなった「書画・鑑定マニュアル」 500円+送料80円で販売しておりますので、どしどし御請求下さいませ。 ご請求はごちら → https://www.syukado.jp/jp/support/kantei/index.cgi ■□■□■□■□<新着作品>□■□■□■□■□■□ 出来立てほやほやのカタログVOl.9から早速アップしました。 □ 中村岳陵  「車海老」 ピチピチッと跳ねる音が聞こえてきそうな、涼しげな作品です。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_b/NAKAMURA_GAKURYO/A07-0141.html □ 大山忠作 「鯉」 ぐいぐい泳ぐ姿が頼もしい! http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/jp_g/OOYAMA_CHUSAKU/A07-0089.html 先週に引き続き工芸からも二点アップしていますよ。 □ 島岡達三  「象嵌赤絵草花番茶器」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/kogei/SHIMAOKATATUZO/A07-0050.html □ 島岡達三  「象嵌赤絵草花文角皿」 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/artist/kogei/SHIMAOKATATUZO/A06-1373.html ■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただき有難うございました。 今回の編集は桑田郁子、中島洋平でした。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙などでも結構です。    ☆☆秋華洞に感想でもと思ってくださった方はこちらへ☆☆    「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください    https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「秋華洞・スタッフログ」ほぼ毎日更新中! http://blog.livedoor.jp/syukado_staff/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2007年6月14日 18:14