東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2006年3月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.75 春カタログとカタログ展

□■□■ 「日本美術そうだったのか通信」 Vol.75 発行 有限会社アートオフィスJC・秋華洞 http://aojc.co.jp/  アートオフィスJC http://www.syukado.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞 まぐまぐ・自社配信・melmaで1万通突破! ------------------------------------------------------------ ※メルマガ配信の解除、登録はメール末尾をご覧下さい。経由しているメー ルスタンド(独自配信、まぐまぐ、melma!)により方法が異なります。 ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明> 日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の作家のエピソード、美 術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報をお届けします。 アートオフィスJC・秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・秋華洞・2006春カタログご予約開始 ・「春カタログ展」のお知らせ ・「スーパーおすすめサイト」〆切迫る ・今週の作品紹介「立石春美」 ・新入荷情報 ■□■□■□■□■ アートオフィスJC・秋華洞 田中千秋です。 春めいてきましたね。吹く風も暖かく、多分桜の咲くのも遠いことではないで しょう。すでに咲いている地方の方もいらっしゃいますよね。 お元気でお過ごしでしょうか。 私の方は、このところはカタログ作成に追われておりました。 今回も、久しぶりのメールマガジンになってしまいましたが、ひたすらカタ ログ原稿書きをやっておりました。 「秋華洞春カタログVol.4 2006春号は、まもなく刷り上がり、ご予約 頂いた皆さんのお手元に3月20日頃にはお届けできるかと思います。 ■■■カタログ誌「秋華洞Vol.4 2006春号」 https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/index.cgi 今回は、日本画、書、洋画、陶器あわせて25点をご紹介しております。オンラ イン上では未公開の作品も多数掲載しております。オンラインでは価格を表示 できなかった(済みません)作品もきちんと価格を明示しております。 今回の掲載作家は以下の通り。 奥村土牛、熊谷直彦、小室翠雲、与謝野晶子、渡辺省亭、赤松雲嶺、鈴木松年、 池田輝方、橋本独山、大谷句仏、野口雨情、矢沢弦月、小杉放菴、武者小路実 篤、中川一政、小倉遊亀、青山亘幹、須田剋太、岡部嶺男 ほか(ほぼ掲載 順) 内容内訳は 日本画(軸・額) 17 色紙、短冊(短歌) 2 画帖 1 書 3 洋画 1 鑑賞陶器 1 時代は、室町から!現代まで。 というところです。何が飛び出すか、おたのしみに! と、それから忘れてはいけない、今回も「そうだったのか通信エクストラ (3)&作品解説」がつきます。別刷りの挟み込みとなります。こちらもお 楽しみに。 お申し込みはこちらです。↓↓↓ https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/index.cgi ■■◇ 春カタログ展のお知らせ そしてですね、さらに、この春カタログ出版を記念して、このカタログに掲載 している作品について、弊社画廊にて展示会を行うことに致しました。 会期:2006/3/27(月)-4/8(土) AM10:00 - PM6:00 土曜日もあいてます。ただし、4月2日(日)は閉廊。 場所:アートオフィスJC併設画廊 ◎弊社画廊までの道順は下記。 http://www.syukado.jp/jp/support/guide/guide.html 会期中で無くても、勿論掲載作品は弊社にて、御覧いただくことができます が、こうして展覧会企画とすることで、よりお気軽にお立ち寄り頂ける機会 といたしました。お買い物帰りにでも、どうぞご来店下さい。 ※ご売約済みの作品は展示しない場合がございます。また、カタログ掲載品 以外も展示するかもしれません。おもわぬ作品に出会えるかも? ◇「2006年のスーパーおすすめサイト」 投票は、明日14日が締め切りです。 先号でお伝えしたとおり、私どもの「おんらいんぎゃらりい秋華洞」は「チャ ネル賞」「総合大賞」の特別賞候補として、ノミネートされました。 まだの方は、ぜひ投票をお願いします! 以下のURLがその紹介ページです。 http://allabout.co.jp/super_2006/japanesepaint/ 投票者には抽選でSONYノートブックPCのVAIO、キャノンカメラI XIデジタル、現金10万円などが当たります。 参考リンク: 「2006 スーパーおすすめサイト大賞」ページ http://allabout.co.jp/super/ 投票は以下のURLからどうぞ。 http://allabout.co.jp/super_2006/japanesepaint/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今週の作品紹介 ------------------------------------------------------------------ ■ 立石春美『舞妓』(たていしはるみ・まいこ) http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/jpn/A06-1056.html 「これは美人画だね」と仲間にいわれると、それは批判を意味するものだっ たそうです。 立石春美は、伊東深水が主宰した画塾、朗峯画塾の塾生でありました。その 塾生仲間のあいだでの話です。 師の伊東深水は、「国芳-芳年-年方-清方」の浮世絵美人画の系譜を受け継 ぐ、ある意味で「正統的」美人画家ともいえます。 が、深水はたんに色気のある「いい女」を描く、という域から脱して、対象、 あるいは画家じしんの「個性」を描き出す、という事に重きを置きました。 当然、その影響下の弟子(塾生)たちも、たんなる一般名詞の「美人」では なく、なんらかの意味での「個性」を描こうとしたのでしょう、「これは美 人画だね」、という言葉は褒め言葉にはならなかったのです。 本作は、化粧直しをする舞妓のひととき。化粧という<仕事>をする、真剣 なまなざしが印象に残ります。一般名詞としての「舞妓さん」というよりも、 舞妓を職とする一人の女性の緊張感のようなものが伝わってきます。 眼、指先の爪、髪、は細い線と慎重な色遣いで繊細に描かれ、一方で、着物 は太い輪郭で大胆に描かれ、深水の後継者としての丁寧な仕事ぶりがうかが えます。 気品の香り立つ一作。日本料理店に、あいそうですね。 立石春美『舞妓』 紙本着色額装 12号 本紙 59×45 cm 総丈88×66 cm 落款・印・共シール http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/jpn/A06-1056.html 作品は一点限りです。お問い合わせ・ご用命はお早めにお願い致します。品 切れの際はご容赦くださいませ。 作品は、東京・銀座六丁目、電通通り沿いの、弊社アートオフィスJC画廊で 御覧になれます。また、スタッフ出張により御覧いただくことも出来ますので ご遠慮なくお申し付け下さい。 <弊社開廊時間>  平日、土曜 10:00-18:00  日曜休廊 ※お越しの方には、当店自慢の美人社員(当社比)がお茶をお入れします! 弊社案内図 http://aojc.co.jp/corp/index.html http://aojc.co.jp/corp/map.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■新入荷ニュース 2月末より、新入荷作品や、オンラインショップ新規追加作品を次々ご紹介 しております。オンラインのお品も意外なものが登場する予定ですので、随 時、秋華洞トップページ「トピックス」をご参照下さい。 http://www.syukado.jp/index.html ◎すでにアップ 「鈴木松年」「池田輝方」「大谷句仏」「小室翠雲」「小田切訓」「中村善 策」「中島虎竹」「小島和夫」「立石春美」 ◎今後オンラインに登場予定(すでに入荷しています。) 會津八一・杉本健吉・森田茂・中川一政・川端龍子・堂本印象・福井良之助 ・青山義雄・林喜一郎・野間仁根・藤井勉・斉藤真一・山本彪一・津田青楓 ・寺崎広業・池上秀畝・高浜虚子・酒井三良・川合玉堂・尾上柴舟・今尾景年 玄峰老師・鹿子木孟郎など ※早く見たい方はお店に遊びに来て下さい! ************************************************************************ ◎お便りお待ちしております。 このメールへの返信で私に届きます。 みなさんのお返事、ご感想がとても力になります。ぜひぜひ、ご意見・ご感想 をお寄せ下さい。ここが違うゾ、という率直なお叱りも勿論歓迎致します! あるいはこちらのメールアドレス⇒chiaki-magazine@aojc.co.jp ************************************************************************ 最後までお読み頂き有り難うございました。 ------------------------------------------------------------ ☆☆「カタログ誌 秋華洞 Vol.4 2006春号」予約開始 https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/index.cgi ●●「書画・絵画鑑定マニュアル」 毎月先着50名様に無料配布中! (一部美術館でも500円にて発売中です。) http://aojc.co.jp/kantei/ ■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  アートオフィスJC 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 有限会社アートオフィスJC  http://aojc.co.jp/ TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ アートオフィスJC・秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。  弊社は平成15年に設立、平成16年に開店致しましたが、50年近く美術業界 で活躍した代表・田中自知郎が長男・田中千秋と共に新たに設立致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞、アートオフィスJC自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2006年3月13日 14:02