東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2005年9月 3日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.60 水戸烈公・ステキさん2

□■□■ 「日本美術そうだったのか通信」 Vol.60 発行 有限会社アートオフィスJC・秋華洞 http://aojc.co.jp/  アートオフィスJC http://www.syukado.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞 現在発行部数6,412通(独自配信3,000 まぐまぐ 3,362 melma!50) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明> 日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の作家のエピソード、美術業界 裏話など、日本美術をより楽しむための情報をお届けします。 アートオフィスJC・秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ 9月11日、なんて何かとんでもない縁起の日に決まりましたね、投票日。 こんばんは。アートオフィスJC・秋華洞 田中千秋です。 私は、今回の選挙、亀井さんをはじめとする反対派の、やや政治的甘えも見 られる「抵抗」に対して、断固たる解散を行って名演説を行った小泉さんが 「流石」「かっこいい」んじゃない?と思っていました。 けれども、小泉さんの、いつもの郵政「一点張り」ぶりが続くと、いや本当 に何処に投票していいやら、と迷ってしまうのが正直なところです。 書画の世界の「真贋」もなかなかメンドウで複雑な部分がありますけれども、 政治家の「真贋」を見分けるのはずっと大変でありますね。 まあ、ある意味で、全部「贋物」に見えなくもないですが、政治の場合、疑っ てかかって丁度良い塩梅ということもありますので。まあ、よくよく考えて 「鑑定」をいたしましょう。そんな政治談義でもしに、店頭にもいらして下 さい。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 「書画・鑑定マニュアル」ご予約受付中です。 弊社会長・田中自知郎筆『書画・鑑定マニュアル ?混迷と誤解に満ちた 「鑑定」の核心にせまる』ですが、現在増刷中です。もうしばらくでできあ がって参ります。 先着100名様の無料配布枠は若干残っております。 なお、100名様を超える分に関しては、その旨当該のお客様にメールにて お知らせした上、ご納得された方に、500円の郵便振込み用紙を同封いた します。 『書画・鑑定マニュアル』ご請求フォーム http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/50ozbf00f8ax9l2a2p なお、既にお申し込み頂いた方には、増刷が出来次第、お知らせの上、順次 発送して参りますので、どうか今しばらく、お待ち下さいませ。 ※ページ上部に内容紹介やご感想が続いて、ページ最下部に請求フォームが ございます。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今週の作品紹介 ------------------------------------------------------------------ ■徳川斉昭『中原莫道無麟鳳・・』 (とくがわなりあき・ちゅうげんばく どうむりんぷう・・) http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/50ozcf00f8ax9l2a2p 通称 水戸烈公。 幕末の水戸藩で、自らの意志を貫いて生きた男、徳川斉昭の筆跡です。 斉昭は水戸藩第九代の藩主でした。 幕末の水戸藩で、彼は倹約や教育の充実、海防の強化など、次々に改革を打 ち出しますが、政敵も多く、一度は失脚します。 しかし、黒船来航後の国政に「海防参与」として抜擢され、軍政改革を主張 しますが、再び政治抗争に敗れ、井伊直弼との対立の末、安政の大獄で蟄居 の処分を受けるなか、病死してしまいます。 さて、彼の思想は、あの水戸黄門さまがはじめたという「水戸学」の系譜と いっていいと思います。すなわち、尊皇と文武両道。 突然ですが、読者の皆様が眠くならないように、話が飛びます。 数年前、張芸謀(チャン・イーモウ)という監督による「HERO(英雄)」 というアクション映画がありました。 http://www.hero-movie.jp/phase2/ 主人公たちは、「書」の研鑽を深めると同時に、「筆」を扱うように「剣」 をふるう、という「精神」をかなり荒唐無稽に「アクション」として表現し ていて、まあ、度肝を抜きました。 「徳」=「書」=「武」 という、考え方、生き方をエンターテイメント仕立てで紹介した映画であり ました。 このメルマガの天田愚庵の連載にも登場する「鉄舟」もこうした思想を読む ことのできる人物だと思いますが、今回紹介する、水戸烈公の書も、いかに も水戸学の人らしい、気合いのこもったビンビンの「隷書」であります。 さて、本作の内容は。 中原莫道無麟鳳  中原、道うこと莫れ、麟鳳無しと 自是皇家結網疎  自ら是れ皇家、網を結ぶこと疎なり ちゅうげん、とうことなかれ、りんぷうなしと おのずからこれこうけ、あみをむすぶことそなり 唐の時代(日本の平安時代)の詩人・陳陶の「間居雑興詩」の一説からとっ た七言二句です。 内容については、済みません、私の教養ではわかりませんでしたが、おおよ そ次のような意味でしょうか。ご存じの方がいらっしゃいましたらご教授下 さい。 天下に麒麟や鳳凰がないと決めつけてはいけない。 当然、王族は網を結ぶことは稀なのである ・・私の翻訳では文字通り訳が分かりませんけれども、天下国家の事を考え た詩なのではないかと思います。本物はどこかにきっといる、という意味な のでしょうか。 この書体の「横画」のグイと太くとおってキッと右上に撥ねる迫力。ごまか しのない隷書。明治維新の最初のエネルギーを放った水戸・行動思想の源流、 徳川斉昭の書。如何でしょうか。 徳川斉昭『中原莫道無麟鳳云々』 絹本・墨・軸装 本体 123cmx42cm 総丈 222cm x57cm 印 黒木欽堂極め書添付・野村素軒箱書き http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/50ozef00f8ax9l2a2p ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ さて、博多の肝っ玉社員、イヤマのコーナー。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ イヤマの☆★☆今週のステキさん★☆★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ なにやらとつぜん甘いものが食べたくなることって、ありませんか? 今日のわたしがそうでした。ランチの帰り、一口大のおまんじゅうを 社の人数分、きっちり5個だけ買ってオフィスに戻りました。 弊社ビルの1階には『三万石』という和菓子屋さんが入っています。 今日みたいな日や、ちょっと小腹が空いた夕方などにときどき立ち寄る のですが、そのお店のお心遣いがなかなかステキ!なのです。 どんなに小さなお買い物だったとしても、お客にはかならず一杯のお茶を 淹れてくださる。暑い日はよく冷えた麦茶、肌寒い日はあったかい緑茶を。 店員さんはいつも穏やかでにこやかです。喋り過ぎず、黙りすぎず、という スタンスの中にも“お客様が店に足を運んでくれた”ことそのものに感謝の 気持ちを忘れない、意思のようなものを随所に感じます。 「お茶を淹れる」という行為自体はマニュアル通りかもしれません。 ですが、接する態度にマニュアルは通じないと言いますか、作った笑顔に 人を和ませる力はないような気がします。少々極論めいていますが。 ただ、普段の心根、気持ちをまっすぐにしてこそ、人のこころを和ませたり また会いたくなるような雰囲気を持つことができる。『三万石』さんに 行き、しばしばこういうことを考えるのは、接客業に携わる人間としては、 とても貴重な勉強の機会です。 …というのはちょっと褒めすぎでしょうか? 9月になり、朝夕の風には秋らしさを感じるようになりましたが、それでも まだまだ残暑が厳しい東京です。さんざん歩いた後、三万石さんで冷たい お茶をいただきながら、サービスや接客は「まず、こころありきだなぁ…」 と改めて考えていました。 仏教の世界に「顔施」という言葉があります。 店員さんの穏やかな微笑みは、まさに無財のお布施なのかもしれません。 ★☆★ そういえば、このメルマガで代表の田中が「お気軽にお越しください」と お伝えしたところ、とても多くの方にお越しいただき、思わず嬉しい悲鳴を 上げてしまった日も! ですが、逆にそう明言しないと なかなか来づらいイメージがあるのかもしれない… とも思いましたね。 うちは、取り扱い作品こそ日本画の大家のものや高価なお品が中心だったりしますが、 従業員は極めてみんなアットホームです。どうぞまったくお気遣いなさらず、お気軽に ふらりとお立ち寄りくださいませ。 心を込めたとっておきのお茶と、練習中のスマイルで、ご来訪をお待ちしております! ・今週のステキ度…☆☆☆☆☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (特集 天田愚庵は今週はお休みさせていただきました) ************************************************************************ このメールへの返信で私に届きます。 あるいはこちら⇒chiaki-magazine@aojc.co.jp 投稿いただいたメールは、本メルマガに掲載する場合があります。掲載され るのがお困りの方はその旨お申し付けください。 ************************************************************************ 最後までお読み頂き有り難うございました。 ------------------------------------------------------------ ☆☆「カタログ誌 秋華洞 2005夏号」好評!無料配布中 https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/index.cgi ●●「書画・絵画鑑定マニュアル」第二回配布予約受付 http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/50ozgf00f8ax9l2a2p ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/50ozhf00f8ax9l2a2p ☆★「秋華洞・丁稚ログ」新米美術商の赤裸々な日々 http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/50ozif00f8ax9l2a2p 美術品無料査定・買取致します。 http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/50ozjf00f8ax9l2a2p ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 有限会社アートオフィスJC  http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/50ozkf00f8ax9l2a2p TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ アートオフィスJC・秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。  弊社は平成15年に設立、平成16年に開店致しましたが、50年近く美術業界 で活躍した代表・田中自知郎が息子・田中千秋と共に新たに設立致しました。 (代表プロフィールは↓) http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/50ozlf00f8ax9l2a2p ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/50ozmf00f8ax9l2a2p ◎秋華洞、アートオフィスJC自社配信分のマガジン登録、解除→ http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/50oznf00f8ax9l2a2p http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/50ozof00f8ax9l2a2p ※本メールマガジン独自配信分はコンビーズメールの配信システムを利用し ています。独自配信分をご利用の方には、入荷速報などをお届けする予定で す。(件名が【日本美術そうだったのか通信】となっているのが自社配信で す。) http://www.combzmail.jp/ コンビーズメール まぐまぐでの登録・解除→http://www.mag2.com/m/0000138331.htm ※まぐまぐ配信分は件名が《日本美術そうだったのか通信》となっています。 melmaでの登録・解除→http://www.melma.com/mag/70/m00124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2005年9月 3日 18:31