東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2005年4月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.46 ブレードランナー仮説

□■□■ 「日本美術そうだったのか通信」 Vol.46 発行 有限会社アートオフィスJC・秋華洞 http://aojc.co.jp/  アートオフィスJC http://www.syukado.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞 現在発行部数2,499通(独自配信143 まぐまぐ 2,318  melma!38) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明> 日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の作家のエピソード、美術業界 裏話など、日本美術をより楽しむための情報をお届けします。 アートオフィスJC・秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ みなさんこんにちは、お元気ですか。 アートオフィスJC・秋華洞の田中千秋です。 ニューヨークの件では、いくつかお便りをいただきました。有難うございま した。これからも実感に即したレポートを行っていきたいと思います。よろ しくお願いします。 突然ですが、外国から来た人が日本で一番驚くのが、サービスの良さだそう です。まあ「外国」という言い方はかなりおおざっぱな話ですが、私は、ア メリカから日本に帰ってきたときにそれを実感しました。 先週一週間ほど滞在したニューヨークでは、客商売だからといって必ずしも 丁重な扱いが受けられるとは限りませんでした。そんなことは、むしろ稀 (まれ)かもしれません。ましてや、いわゆる「気が付く」サービスなどは 皆無といって良かったと思います。 高級、と呼ばれる所でもそう感じました。一方、日本では、たとえば駅の Kioskのおばさんでも、なんとなしに気配りを感じることがあります。タク シーに乗っても、レストランでも、ある種の丁寧さは当たり前にあるように 思います。 私は、空港からの帰りにタクシーに乗ったのですが、ああもうこれ、NYの タクシーと比べたら天国でした(ちょっと大げさ)。 こうした丁重さなり、気配りなり、というものは、日本人が江戸社会いらい? 自然身につけた文化というべきものかもしれません。 これまた突然ですが、私は、秘かに、アメリカ文化をレプリカントの文化だ、 という説を唱えています。レプリカントとは、映画ブレードランナーに登場 する一種の「ロボット」の様なものです。 ※ブレードランナーとは、1982年制作、ハリソン・フォード主演、リドリー スコット監督の歴史に残る最高のSF映画です。 参考:ブレードランナー(WikiPedia) http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/40swvry0c80s518gx3 (以下、記憶に頼っているので、内容の詳細は間違っているかもしれません) さてこの人造人間「レプリカント」は、運動能力、思考能力は人間をしのぎ、 人間以上の存在なのですが、彼らにはないものがあります。それが「記憶」 なのです。 レプリカントたちは、何故か、人間のアルバムから写真を盗み、集めます。 親子の写真、兄弟の写真。高度な知性と感受性には、「記憶」がないことが 耐えられないのでしょう。寡黙なレプリカントの切実さが心に残ります。 原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を書いたシカゴ生まれのフィ リップ・K・ディックがレプリカントをアメリカのメタファーと意識したか はともかく、私は例えばボストン美術館に世界中の美術品を集め、日本美術 や中国美術に関しては、もしかしたら本国人以上の情熱で研究する「アメリ カ」に、「歴史」のない(もしくは非常に短い)国が、切実に「歴史」をも とめる姿を感じるのです。 (これを私は心の中でブレードランナー仮説と名付けています。) ほとんど無意識に享受しているこの日本的な「人当たり」も、ながい歴史を 経て受け継がれた日本人の「文化」として、あんがい貴重なものかもしれな い、などと考えたり致します。 司馬遼太郎の「アメリカ素描」という本がありますが、このなかで、司馬は、 おおよそ次のように述べています。 人工国家アメリカは、誰にでも参加できる普遍性という「文明」だけ, でできている。一方、ある種の慣習性の総体として、人をあたたたかく包み 込む(ときには息苦しくもあるが)ものとしての「文化」がアメリカ以外の 国を大きく雲のように覆っている。               ~~~~ アメリカでは、よその国からその「文化」を、より上手に取り込んだ人が、 のっぺりとしたアメリカ人にならないで、より人間らしい豊かさを持つこと に成功している。 具体的な例として、ドイツ文化や、日本文化を家庭に持ち込んでいる家族が 紹介されます。 参考:司馬遼太郎「アメリカ素描」(Amazon.co.jp) http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/40swwry0c80s518gx3 ふだんの生活感覚では、より便利なものを追い求めて、あまり「文化」とい うことなど、ことさらに感じたり考えたりしませんが、このメルマガのテー マに即して言えば、この「文化」の源流にあるものを探り当て、伝えていく 意味合いが「日本美術」にもあるのだろう、と考えます。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今週の新入荷情報 -------------------------------------------------------------------- ■ 伊藤小坡『春の野』 http://k.d.cbz.jp/t/h4vn/40swxry0c80s518gx3 伊藤小坡は宇田荻邨と共に三重県を代表とする作家です。 近代日本画のなかで、美人画の絵描きとして、もっともビッグネームといっ ていいのが、鏑木清方、上村松園、伊東深水、の3つの名前ですが、明治に 生まれ、昭和に亡くなった位の同じ時代の作家で、次の来る第二グループの 上位の一人がこの伊藤小坡といっていいのではないでしょうか。 殆ど同年齢で、一時期しのぎを削ったといってもいい、松園と同様、美人画 といっても、女性らしい生活の実感に基づいた、細々とした観察眼があるの が伊藤小坡の絵の特徴でしょう。 本図でも、女性が、摘んだ草を手にしていますが、右手の籠に草がすでにた くさん摘まれていることが分かります。桜咲く野に春の草を摘みにきたので しょうか。ちょっと女性らしい着想ですね。 ☆作品は弊社画廊で御覧になれます。作品はそのもの一点限りですので、購入 をご希望される方はお早めにご連絡下さい。 <弊社開廊時間>  平日 10:00-18:00  土曜 10:00-18:00 (ただし土曜日は都合により閉める場合がありますので、事前にご連絡を。) TEL 03-3569-3620 or 03-3569-3990 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 弊社案内図 http://aojc.co.jp/corp/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 土曜スタッフ募集 土曜日のみの事務をしてみませんか。 土日お休みのOLの方などで、きちんと責任を持って勤めて頂ける方を、募 集致します。ワード、エクセルの知識必須。HTMLの経験があれば尚可。 オンラインショップと美術商の世界に興味がある方。ただし本気でやる気の ある方のみ。 担当:田中千秋 03-3569-3620 info@aojc.co.jp ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ************************************************************************ このメールへの返信で私に届きます。 あるいはこちら⇒chiaki-magazine@aojc.co.jp 投稿いただいたメールは、本メルマガに掲載する場合があります。(勿論事 前にご承諾を得てからの掲載になります。) ************************************************************************ 最後までお読み頂き有り難うございました。 ------------------------------------------------------------ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado 美術品無料査定・買取致します。 http://aojc.co.jp/buy/index.html ☆☆「カタログ誌 秋華洞 秋号」無料配布中 http://aojc.co.jp/contact/catalog.cgi 「書画・絵画鑑定マニュアル」ご請求はこちら http://aojc.co.jp/kantei/index.cgi ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 有限会社アートオフィスJC  http://aojc.co.jp/ TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ アートオフィスJC・秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。  弊社は平成15年に設立、平成16年に開店致しましたが、50年近く美術業界 で活躍した代表・田中自知郎が息子・田中千秋と共に新たに設立致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら → (まぐまぐ) http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000138331 (コンビーズメール) http://backnumber.combzmail.jp/mmz/backnumber/h4vn_backnumber.htm ◎独自配信システムでのマガジン登録、変更、解除→ http://www.syukado.jp/jp/mailmag/ ※本メールマガジン独自配信分はコンビーズメールの配信システムを利用し ています。独自配信分をご利用の方には、入荷速報などをお届けする予定で す。 http://www.combzmail.jp/ コンビーズメール まぐまぐでの登録・解除→http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melmaでの登録・解除→http://www.melma.com/mag/70/m00124770/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2005年4月28日 19:38