絵画(日本画・洋画)・掛け軸・古美術品のオンライン販売 おんらいんぎゃらりい秋華洞(しゅうかどう)

本物の美術品=日本画・洋画・掛け軸の販売 おんらいんぎゃらりい秋華洞
ほんものの絵画(日本画・洋画)、古美術品(掛け軸、屏風、茶道具)の販売 おんらいんぎゃらりい秋華洞 お客様の声 美術品買取 作品お探し メールマガジン 購入問い合せリストを見る
ほんものの絵画(日本画・洋画)、古美術品(掛け軸、屏風、茶道具)の販売 おんらいんぎゃらりい秋華洞

貴方の選び方種別大きさテーマ価格




初めての方へご注文方法よくあるご質問用語集運営会社お問い合せカタログ請求


HOME >メディア掲載一覧
 



メディア掲載一覧
 




各種メディアで取り上げられた記事の紹介です。秋華洞の美術品へ対する取り組みが掲載されています。
また、取材も歓迎しております。お電話03-3569-3620 またはinfo@syukado.jpまでご連絡下さい。


アートコレクターズ 4月号 2014/04
月刊アートコレクターズ4月号

<アートのトレンド2014 完売作家全データ>
中原亜梨沙さんの作品《儚さと煌めきと》が表紙となった今月のアートコレクターズ。 特集「2013年度 8割以上の売約作家70人」と「編集部座談会 Part供2014年 アートの今とこれから」の中で中原さんについて取り上げられています。

※この記事はこちらよりお読みいただけます


アートコレクターズ 3月号 2014/03
月刊アートコレクターズ3月号

<岡本東子・中原亜梨沙二人展>
3月7日(金)に始まる秋華洞の企画展示『岡本東子・中原亜梨沙二人展』のプレビュー記事が掲載されました。 

※この記事はこちらよりお読みいただけます


美術の窓 2014年3号 2014/03
美術の窓

<岡本東子・中原亜梨沙二人展>
3月7日(金)に始まる秋華洞の企画展示『岡本東子・中原亜梨沙二人展』の記事が掲載されました。  >>掲載記事はこちら

※岡本東子さんのプロフィールはこちらよりお読み頂けます。
※中原亜梨沙さんのプロフィールはこちらよりお読み頂けます。


2013/12
読売新聞

<浮世絵の中の忠臣蔵>が掲載されました。
12月13日(金)に始まる秋華洞の企画展示『史上最大のエンターテインメント 仮名手本忠臣蔵の世界』を取材していただきました。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。


アートコレクターズ 12月号 2013/12
月刊アートコレクターズ12月号

<写実絵画はこんなに面白い>
昨今話題の「写実絵画」に迫る特集。岡本東子さんの記事が掲載されています。

※この記事はこちらよりお読みいただけます


アートコレクターズ 10月号 2013/10
月刊アートコレクターズ10月号

<日本画美女特集>
現代の日本画家が描く美女を紹介する「日本画美女特集」。今回は池永康晟さん、岡本東子さん、中原亜梨沙さんの記事が掲載されています。

池永康晟さんの記事はこちら

※岡本東子さん、中原亜梨沙さんの記事はこちら


アートコレクターズ 2013年9月号 2013/08
月刊アートコレクターズ9月号

<2013年版新人特集>
毎年恒例の新人特集。今回は岡本東子さん、中原亜梨沙さんの記事が
掲載されています。

※岡本東子さんの記事はこちら

※中原亜梨沙さんの記事はこちら


美術の窓 2013年6月号 2013/06
美術の窓

<新人大図鑑2013>
期待の若手作家を発掘せよ! 毎年恒例の人気企画。ことしは中原亜梨沙さんが表紙です!
インタビュー記事も掲載。こちらよりご覧頂けます。

※中原亜梨沙さんのプロフィールはこちらよりお読み頂けます。


2013/04
読売新聞

<役者絵展〜昔も今も銀座は芝居町〜>が掲載されました。
歌舞伎座新開場にあわせ行われた役者絵展を取材していただきました。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。


2012/07
Art Annual online 

<画廊の本音>
美術情報ポータルサイトArt Annual onlineに弊社社長 田中のインタビューが掲載されました。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。


2012/05/21
新美術新聞 

<画廊の本音>
弊社社長田中千秋のインタビュー記事が掲載されました。
高い技術と表現性の融合。それが人の心を動かす。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。


美術の窓 2011年6月号 2011/7月
アートコレクター

<最新100選!! 日本画の楽しみ方

巻頭特集 最新100選!! 日本画の楽しみ方  に 池永康晟さんと阿部清子さんの作品が掲載されました。
池永康晟さんと阿部清子さんの記事はこちら

また、リニューアルした暮らしを豊かにするハイクオリティスタイルマガジン「銀座室礼」も紹介されています。
こちら
よりお読み頂けます。


美術の窓 2011年6月号 2011/6月
美術の窓

<新人大図鑑2011

注目の若手アーティスト400名を一挙紹介!
画廊が選ぶ 注目の新人アーティスト92

秋華洞は池永康晟さんをご紹介しています
こちら
よりお読み頂けます。


アートコレクター5月号 2011/5月
アートコレクター

<世界に誇るにっぽんのエロス

「エロス」とは生きる欲望であり、人間存在の根源にあるエネルギーです。アートにとってもエロスは普遍的なテーマであり、古今東西の作家たちが、様々な作品を生み出してきました――(同誌扉ページより抜粋)
日本画家の池永康晟さんと森本純さんが『「美しきおんな絵」の今』について語ります。

対談 池永康晟×森本 純  日本画家が語る「美しきおんな絵」の今
こちら
よりお読み頂けます。


美術の窓2月号 2011/2月
美術の窓

<art now 〔アート・ナウ〕

日本、海外を問わずアートに関する記事を掲載している art now 〔アート・ナウ〕
秋華洞で昨年12/10〜12/18まで開催された企画展『指派(ゆびのは)展』のギャラリートークの様子が紹介されました。

こちらよりお読み頂けます。


江戸楽2月号 2011/2月
江戸楽

<名店対決百番勝負 其の9

「江戸楽」と九州の姉妹詩「九州王国」がコラボレーション。
東京と九州各地の名店老舗・人気店が紙面でその技を競う、名付けて『名店対決百番勝負』!第9回目のテーマは『ギャラリー』。

こちらよりお読み頂けます。


Art & Gallery Guide 2010/12月
Tokyo Art & Gallery Guide

<Art を見る、楽しむ、暮らすためのギャラリー・画廊ガイド

知名度や固定観念だけで判断しない
時代を丁寧に掘り起こす日本美術専門画廊

こちらよりお読み頂けます。


アートコレクター2010.04 2010/12月
アートコレクター

<美しきかな 絵の中の女性たち100人>

池永康晟  女の秘めた思いを紡ぎ出す

まどろむような表情で寝そべる女性、ゆったりと自分の髪に触れる女性・・・・。 池永康晟 の描く女性たちは、どこか暗示的なのが特徴だ。静かな佇まいをしながら、何事かを物語ろうとしている。そのメッセージが何なのかが知りたくて、見る側はつい、画面に一歩近づいてしまう。
つづきはこちらよりお読み頂けます。 ※池永さんの図録請求はこちらからどうぞ。


アートコレクター2010.04 2010/9月
江戸楽

<江戸楽名店帖>

「秋華洞の」扉を開けば こころに響く作品が必ず見つかる。

古美術の世界において四十年を超える経験を持つ父。
IT関連会社でのシステム開発を行ってきた息子。
その二人が生み出した、新たな「画廊」が銀座にある。

こちらよりお読み頂けます。


アートコレクター2010.04 2010/4月
アートコレクター

<日本画のニューウェーヴ到来 期待の新人・若手を満載!!>
アートコレクター4月号の表紙に弊社がプロデュースする新人画家・池永康晟さんの作品が採用されました。

※池永さんの紹介ページはこちらよりお読み頂けます。

※池永さんの図録請求はこちらからどうぞ。


アートコレクター2009.02 2009/2月
アートコレクター

<プロ(画廊・オークション)に聞こう!>
100年に1度の大不況と言われる時代に突入しましたが、古美術・版画の世界は、比較的世の中の好不況の波を受けにくといわれています。その理由とは・・・

※この記事はこちらよりお読み頂けます。
「古美術と版画は好不況の波を受けにくいジャンルです」


アートコレクター2008.12 2008/12月
アートコレクター

<特別誌上頒布 美しい女性と暮らす生活>
近代になっても江戸の風俗にこだわり、そこに現代風な感覚をあわせて、新しい作品をつくりあげた小村雪岱、モダンガールを主題とした作品が多い中村大三郎、この二人の作品を特別誌上頒布しております。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。
「美しい女性と暮らす生活」


2007/6月
月刊美術 NO.381 2007

<府中市美術館館長・本江邦夫と歩く アートフェア東京で見つけた、「今が買いどき!!」この逸品>
2007年4月に開催されたアートフェア東京。開催中にトークショーを行った山下裕二氏が、「○万円もってたら何を買う?」という質問に、わが秋華洞の小野田直武「牡丹図」とお答えいただいています。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。
「山下裕二セレクション 『1億円あったら、小野田直武と高級車』」


2006/11月
経営者会報 No.636 リンク:『経営者会報』

<社長の相談室 プライベートの相談 友人から「絵画を買い取ってほしい」と相談された…>
あなたが、知人から「絵画を買い取ってほしい」と言われたらどうしますか? 意外と知らない“絵画の取引”の仕方。弊社社長田中千秋が、絵画を取引する際に注意すべき点、「鑑定人」や「鑑定機関」に依頼する際のポイントなどについて丁寧にお答えしております。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。
「友人から「絵画を買い取ってほしい」と相談された…」


2006/9月
月刊ギャラリー9月号 リンク:『gallery

<美術関連企業のインターネット活用法それぞれ-地道に情報を伝える、おんらいんぎゃらりい秋華洞>
ネットを積極的に活用し活動を展開している、美術関連企業4社にスポットを当てた特集で採り上げていただきました。銀座に店を構え、伝統的な画廊の仕事を地道に行いつつ、一方ではインターネットを取り入れ世界も視野に入れた情報発信を行っている弊社の、画廊らしからぬ(?)社内風景も描写されています。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。
「地道に情報を伝える、おんらいんぎゃらりい秋華洞」


2006/07/1
新美術新聞 

<与謝野晶子展を開催>
ぎゃらりい秋華洞で2006/7/1〜7/15開催の<与謝野晶子展>に関する記事を掲載して頂きました。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。
「アートオフィスJCが与謝野晶子展を開催 」


2006/6月
月刊専門店2006年6月号 リンク:『月刊専門店』

<インターネットビジネス最前線-ネット通販でも、信用でき、良い美術品が買える->
日本画・洋画の絵画、肉筆画に特化しオンライン販売する「おんらいんぎゃらりい秋華洞」。会社設立までの経緯、”抹香臭い・敷居が高い・難しい”という観念を持たれ易い古美術商のあり方について、今後の展望等、3ページに渡って掲載して頂きました。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。
「ネット通販でも、信用でき、良い美術品が買える」


2005/12月
月刊ギャラリー12月号 リンク:『gallery』

<IT系からアナログ世界への招待>
ネット通販という媒体を通して、美術の理解と普及を目指す「おんらいんぎゃらりい秋華洞」。IT業界から美術界に参入した社長と、その父親である画商歴40年以上の会長とが運営する画廊のこれからの展望を、掲載して頂きました。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。
「IT系からアナログ世界への招待」


2005/12/19
1217朝日新聞(夕刊)

<たそがれ 銀座の画廊>
銀座に会社を構え、美術品のネット販売に力を入れている企業として弊社を記事に掲載して頂きました。


2005/7月
美術の窓 NO.262 2005/7

<「いつでも」「どこでも」「だれもが」インターネットで作品購入!日本美術の魅力を身近に おんらいんぎゃらりい秋華洞>
美術品販売の傍ら、美術の様々な側面を紹介、誰の目も気にせず思い立った時に訪問できる美術サイトを作り上げていくという内容の記事を、掲載して頂きました。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。
「いつでも」「どこでも」「だれもが」インターネットで作品購入!」


2005/7月
月刊美術 NO.358 2005

<インターネットで古書画を販売 株式会社秋華洞代表取締役田中千秋氏に聞く>
拡大するネット通販の波の中、インターネットの様々なツールを駆使した展開を見せる「おんらいんぎゃらりい秋華洞」。その販売戦略と今後のネット通販の可能性についての記事を、掲載して頂きました。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。
「インターネットで古書画を販売」


2005/07/15
日経MJ(マーケティングジャーナル)紙

<返却可能期間を延長>
弊社サイト『おんらいんぎゃらりい秋華洞』の、美術品購入初心者の不安を取り去るための手段の一つとして始めた、返品可能期限の延長についての記事を掲載して頂きました。

※この記事はこちらよりお読み頂けます。
「返品可能期限の延長について」


ページの上部へ

|取材について
取材の申し込みにつきまして、こちらのフォームの「その他備考」欄に下記要項を記入し、送信してください。
確認後、弊社よりご連絡差し上げます。
また電話、FAXでも受け付けておりますのでお気軽にご連絡下さい。→問い合わせ先はこちら

【記入要項】
1. ご依頼の件名
※お問い合わせやご依頼の内容、該当するサービスがわかる形で件名をお書きください。
こちらから回答やご連絡を差し上げる際の参考とさせていただきます。

2.ご依頼内容

3. ご連絡先
a:会社名
b: 媒体名 または番組名、イベント名
c: 所属部署
d:担当者 お名前(フリガナ)
e:ご連絡先( メールアドレス、電話、FAX等)

お手数をおかけしまして申し訳ありませんが、
ご連絡を心よりお待ちしております。



掛け軸・絵画・古美術の無料査定・鑑定・買取りは、銀座 株式会社秋華洞

中国 骨董・古美術の鑑定・買取 秋華洞

ukiyio-e & japanese fine arts by Shukado


ページの上部へ








プライバシーポリシー訪問販売法による表記サイトマップ